Intel Iris Xe GPUが印象的な1650 MHzオーバークロックでリーク、今週Tiger Lake CPUでローンチ

(Source:wccftech)

Intelは、Tiger Lake CPUを搭載した最初のXe GPUベースのグラフィックスチップの発売からわずか数日です。インテルXe GPUはさまざまな形状とサイズで提供されますが、最初のものはノートブックセグメントを対象としており、Ice Lake CPUに搭載された前世代のIris GPUに比べてパフォーマンスが2倍向上します。

インテルIris Xe GPUは発売前の数日間発見され、印象的な1650 MHzオーバークロックが特徴

Intel Iris Xe GPUがTUM_APISAKによってSisoftwareデータベースに発見されました。Iris Xe GPUは、個別のノートブックグラフィックチップであるDG1 GPUとは少し異なります。違いは、DG1 GPUがスタンドアロンのディスクリートGPUであるのに対し、Iris Xe GPUはTiger Lake CPUの統合ユニットとして機能していることです。両方のチップは、96のEU(実行ユニット)でピークに達し、768コアに相当するため、いくつかの類似点を共有しています。

最速のストック構成のIntelのIris Xe GPUは、1300 MHzのクロック速度を特長としており、1550 MHzまでの個別の製品周波数が確認されています。Intel Iris Xe GPUの最新のエントリは1650 MHzで実行されており、これは基準クロックの27%オーバークロックです。比較のために、Renoir APUに搭載されているVega GPUは最大2100 MHz(Ryzen 7 4750Gのストック周波数)のクロックですが、最大2300〜2400 MHzまでオーバークロックでき、これは約10〜15%の向上です。

Vega GPUのコアはIntelのIris Xe GPUよりも低いですが、Intelのアーキテクチャは、AMDの拡張Vega GPUよりも高速なグラフィックスパフォーマンスのためにわずかに調整されています。GPUはTiger Lake 28W CPUで実行されていました。Tiger Lake G7バリアントは、それぞれ768 MHzと1300 MHzの同じコアおよびクロック速度を備えています。Xe GPUが実行されていた特定のCPUとは言えません。GPUのパフォーマンスは、約2.5 TFLOPに変換され、両方の最終世代のコンソール(PS4とXbox One)よりも高速になります。パフォーマンスは、標準の2.1 GHzクロック速度で約2.15 TFLOPのパフォーマンスを特徴とするデスクトップRyzen 7 4750Gよりも高速です。このパフォーマンスにより、Iris Xe GPUはデスクトップのディスクリートGeForce GTX 1050 TiまたはRadeon RX 5300Mモビリティグラフィックスカードを上回ります。

Geekbench 5 OpenCLベンチマークでのIntel Xe GPUのパフォーマンス比較がHarukaze5719によってTwitterに投稿され、i7-1185G7に搭載されたディスクリートGPUがRadeon Pro 5300Mとほぼ同じ速さであることを示しています。 Intelは、9月2日に発売されるTiger Lake CPUの最新のブランディングを披露しました。TigerLakeプロセッサとそれらを搭載したノートブックに関する詳細情報を随時お知らせします。