AMDの次世代フラッグシップ「Navi 31 GPU」を確認

(Source:wccftech)

AMDの熱い注目を浴びているNavi 21フラッグシップGPUはまだリリースされていません。そこに、MacOS11 Sur Beta(Videocardzを介したハードウェアリーク)のコードにより、Navi 31 GPUの存在が確認されています。AMDのNavi 21別名「BigNavi」は、非常に長い間待望されていたGPUです。今年後半に販売開始される予定で、AMDのハイエンドゾーンでのパフォーマンスが大幅に向上します。今回のNavi 31はNavi 21(duh)の後継になると考えられます。

AMDのNavi 31がドライバーコードでリークされ新しいフラグシップGPUが機能開始!?

通常、AMDのドライバーでチップが検出され始めたとき、それはリリースに非常に近く、開発サイクルからすると相当未来を進んでいます。Navi 21がまだ市場に登場していない段階で、、Navi 31がドライバーにポップアップ表示されているという事実をどう理解するべきなのか困惑しています。具体的には、これらはAMDのmacOS11 “Big Sur”用のドライバーであり、自社のARMベースのシリコンに移行し、Intel(およびAMD)の部品から移行する計画の一部です。これは、Appleが当面は自社製品のAMD dGPUに固執する計画であり、シリコンのその部分を社内で移動する計画もないことを意味します。AMDの哲学は、常にセミカスタム製品用のチップを設計し、それをPCの領域にまで流し込むことです。Navi 31はAppleのARMベースのMacのラインナップ向けに開発中のチップであり、まもなくPCの世界に登場するチップになるかもしれません。

Navi22および23を含む他のNavi GPUも、PCI IDの追加サポートの形でドライバーに含まれていました(つまり、シリコンはすでに最終検証段階をクリアしており、PCI IDが正式に割り当てられています)。

  • 0x73A0(Navi22)
  • 0x73A2(Navi22)
  • 0x73A3(Navi22)
  • 0x73AB(Navi22)
  • 0x73AE(Navi22)
  • 0x73BF(Navi23)2回

ドライバーはまた、AMD Cezanneの言及を見ました。これは、Zen 3アーキテクチャとRDNA2 Navi GPUアーキテクチャを備えたAMDの次期APUです。これらは、IntelのTiger Lakeシリーズのプロセッサに対して取り組むものと予想され、Vegaベースのグラフィックスに基づく既存のRenoirラインナップよりも大幅にパワーアップするものです。

AMDは現在、新しいRyzen 4000(モバイル)のラインナップを第3世代と呼んでいます。これは、Zen 2アーキテクチャに基づいているためです。残りのRyzen 4000プロセッサ(デスクトップ)は、Zenに基づいているため、第4世代と呼ばれます。 3アーキテクチャ。Zen 3コアアーキテクチャを利用するため、第4世代と呼ばれるRyzen 5000 CPUの場合も同じです。

今年のラインナップと同様に、 Cezanneのラインナップは、高性能 Cezanne-Hと低電力 Cezanne-Uの2つのセグメントに分割されます。プロセッサには、既存のチップと同じFP6パッケージが搭載されます。これはBGAプラットフォームであり、同じデザインを維持するため、ラップトップメーカーにとって間違いなく役立ちます。ただし、1つ確かなことは、AMDは非常にエキサイティングなデザインに全力で取り組んでおり、ゲーマーがこれらの製品を入手し始める頃にはコストは下がっていると思います。