NVIDIA RTX 3080 Tiのスペックシートがリーク最大23 TFLOPとの噂

(Source:wccftech)

NVIDIA RTX 3080 Tiの仕様がスクリーンショットでTwitter(@Cyber​​PunkCat)からリークされました。これは奇妙で、技術的な矛盾があり、検証されていないため、噂の領域にあると考えられます。

今注目のNVIDIA RTX 3080 Tiのスペックシートが流出か?!

始める前に、次のカードの命名法がまだ確認されていないことに留意ください。以前のリークは、RTX 3080、RTX 3090、第2世代のRTX TITAN、およびTiとSUPERバリアントと呼ばれる可能性があることを指摘しています。言い換えれば、どのチップが何と呼ばれるかについては、ほとんど何も知りません。現在確認されている唯一のことは、SKU 10、20、30と呼ばれる3つが現在存在することです。
SKU10はGA102-200 GPU、SKU 20はGA102-300 GPU、SKU30はGA102- 400 GPU。


過去に非常に信頼性の高いリークによると、RTX 3090がラインナップにあり、この特定の噂はこれに反します。メモリの速度もリークされていますが、これはこの噂にも反します。このうわさは、現在無効であると見なす情報に基づいているようです。完全に真実ではないか、信頼できる漏洩者からの漏洩のほとんどが間違っています。
TwitterユーザーKARMAAは、以前のリークとの不整合について、
これが真実であるとはいえ、私が考える可能性が低いなら、RTX 3090またはTITANではなく、22 TFLOPsの RTX 3080 Tiを見ていることになります。これはGA102-400チップと呼ばれているため、これはフラグシップであるSKU30であるとされています。22 TFLOPと表示されたブーストクロック間の不一致を考慮して、定格ブーストクロックを導出することもできます。21の定格TFLOPで、「公式の」ブーストクロックは1953 MHzになります。これは、前世代の定格ブーストクロックからおよそ100〜200 MHz増加したものであり、これ自体はかなり妥当になります。