NVIDIAのフラグシップRTX 3090 GPUのTGPは350W?!

(Source:wccftech)

NVIDIAの次世代RTX 3090フラグシップGPUは、TGPが大幅に増加し、最大350 Wになります。この情報は、過去に非常に信頼できるリークの発生源であったIgorから提供されたものであり、私たちも独自に確認しました。言い換えれば、TGPとその内訳は噂ではありませんが、命名法についてはまだ100%確実ではありません(NVIDIAはRTX 3090以外のものと呼ぶ可能性もある)。

NVIDIAの主力GPU RTX 3090TGPの内訳を取得、GPUコアTDP自体は230W

NVIDIAは通常、電力効率を高めるためにグラフィックスカードの電力消費をうまく利用していますが、ゲーマーは通常同じことを気にしません。同じ価格で強力な電力効率の高いカードを使用するゲーマーを知りません。これがこのリークが非常に興味深い理由です。RTX2080 Tiのカスタム製品の最大TGPは260Wでした。RTX 3090(仮称)のTGPは350W、TDP(GPUのみ)は230Wになります。これは、電力消費の大幅な増加で、驚異的なパフォーマンスの向上が期待できる可能性があります。

これは、このモンスターGPUを制御するために巨大な冷却ソリューションが必要になるため、以前にリークで見られたヒートシンクについても説明しています。NVIDIAは、非常に高速で動作し、大量の熱を出力するように設計されたチップを搭載する事を計画しているようです。Jensenは明らかに彼の記録的な四半期を逃していて、それは示しています。消費電力の内訳を以下に示します。

Estimated Power Consumption / Losses 
Total Graphics Power TGP350 Watts
24 GB GDDR6X Memory (GA_0180_P075_120X140, 2.5 Watts per Module)-60 Watts
MOSFET, Inductor, Caps NVDD (GPU Voltage)-26 Watts
MOSFET, Inductor, Caps FBVDDQ (Framebuffer Voltage)-6 Watts
MOSFET, Inductor, Caps PEXVDD (PCIExpress Voltage)-2 Watts
Other Voltages, Input Section (AUX)-4 Watts
Fans, Other Power-7 Watts
PCB Losses-15 Watts
GPU Powerapprox. 230 Watts

RTX 3090のGA102 GPUコア自体は約230Wの電力を消費し、メモリは60Wを消費します。MOSFETはさらに30Wの電力を消費し、ファンは7Wになります。PCB損失は15Wの範囲であると予想され、入力セクションの消費は約4Wになります。これらすべての合計は、RTX 3090の合計ボード電力350Wになります。これがFEであり、AIBが用意するカスタムボードはさらに消費電力が高くなる可能性があります。

NVIDIAは、7nmノードに移行し今回の新製品投入へ向かっています。本来ですと同程度の消費電力でも十分パフォーマンスアップが見込まれます。しかし、ここまで消費電力が高くなるのは、RTX 2000シリーズから3000への2桁のパフォーマンス向上(40-50%?)を検討しているように見えます。

逆に、NVIDIAが1ドルあたりのパフォーマンスを全面的に大幅に低下させることに対して非常に強く疑いをもつようになります。RTX 2000シリーズは、GTX 1000シリーズのレセプションに比べて比較的行き詰っていたので、NVIDIAは、Tivoli Available Market(TAM)を増やすことで新しいプロセスの機会を活用したいと考えたと感じています。

Computexがキャンセルされても、ローンチタイミングは影響を受けないと見込み9月頃と予想されます。NVIDIAは再び仮想イベントに参加する可能性があります。次世代のコンソールが10+ TFLOPのパワーを揺さぶる中、NVIDIAは、より高いパフォーマンスを提供するだけでなく、同等の価格帯で提供するように強いプレッシャーを感じています。これはすべて、消費者にとって非常に良いことで、現行品ほど高額でないにせよNVIDIAプレミアムがRadeonのプレミアムよりも高額のままであることは、相当の確立であります。