今年後半に第2世代Naviを搭載してAMD RDNA 2 GPUがPC初の次世代コンソールに登場へ Big Navi「Halo」とメインストリームRadeon RX

(Source:wccftech)

AMDは、そのRDNA 2 Big Navi GPUが、ソニーおよびマイクロソフトの次世代コンソールの発売前に、PCプラットフォーム向けのRadeon RXグラフィックスカードに搭載されることを確認しました。AMDのCFO、David・クマールバンクオブアメリカの2020年証券グローバル・テクノロジー・コンファレンスに来た、次世代コンソールが到着する前に彼らの次世代GPUアーキテクチャはPCプラットフォーム上で利用できるようになると述べました。

AMD RNDA 2 GPU搭載Navi 2Xグラフィックスカードが次世代コンソール発売前にPCプラットフォームに登場!Halo ‘Big Navi’グラフィックスカードも搭載

Webキャスト中に、Davidは、AMDがRDNA 2 GPUを最初にPCプラットフォームに提供することに注力することを明らかにしました。ラインナップは、Davidが超熱狂的なゲーム市場に焦点を当てようとしているHalo製品であると明らかにしたBig Navi GPUを特徴とするでしょう。マイクロソフトとソニーの次世代コンソールは2020年ホリデーでの発売が予定されているため、2020年の第4四半期の初め頃またはそれ以前にBig Navi が発表される可能性があります。Davidはまた、RDNA 2アーキテクチャはスタック全体を通過することを明らかにしました。つまり、ハイエンド製品だけでなく、熱心なセグメントのメインストリームおよびハイエンドのグラフィックスカードも手頃な価格で手に入れることができます。多くのコアユーザーは、AMDがVegaベースのハイエンドグラフィックスカードの後継製品を発売するのを待ち望んでいます。AMD Radeon RX 5700 XTは、多くのユースケースでRadeon VIIを突破しましたが、NVIDIAは、GeForce RTX 2080、GeForce RTX 2080 SUPER、GeForce RTX 2080 TiなどのTuringベースのGeForceグラフィックスカードを備えた最高性能のグラフィックスカードの王冠を保持しています。PascalベースのNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiでさえ、Navi 10ベースのRadeon RX 5700シリーズのグラフィックスカードと比較しても、手ごわい相手です。

Davidの発言が支持されれば、Big NaviベースのRadeon RXグラフィックスカードは、NVIDIAの$ 1000 US + RTX 2080 Tiグラフィックスカードとの戦いに間違いなく取り組むかもしれません。ニュースはまた、謎のAMD RDNA 2 GPUコードネームSienna CichlidがLinuxドライバー内で発見され、Big Navi(Navi 21)GPU自体であると推測された直後の日に発表されます。

AMDがBig NaviをHalo製品と呼ぶのも興味深い。Halo製品は通常、各ブランドカテゴリの主力製品として定義されます。Ryzen CPUのHalo 製品はRyzen 9 3950Xで、ThreadripperラインナップのHalo 製品はRyzen Threadripper 3990Xです。現在、Radeon RXブランドにはRadeon VIIであるHalo 製品はありません。RadeonブランドがRyzenのラインナップと同様の行動を見たのは久しぶりですが、AMDがRadeon(RTG)ブランドにより焦点を当てるようになり、状況が変わりつつあるようです。

RDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2XデスクトップGPUについて

AMD RDNA 2ベースのRadeon RXナビ2倍のグラフィックスカードのファミリーもRyzenCPUと同様に4Kゲームセグメントを破壊することが喧伝されています。これはAMD自身からのかなり大胆な主張ですが、リークや噂は、これがAMDの次世代Radeon RXグラフィックスカードの場合に当てはまる可能性があることを示唆しています。AMDは、RDNA 2 GPUがZen 1を超えるZen 2のような第1世代RDNA GPUと同様のパフォーマンスジャンプを実現することを発表しました。 RDNA 1と同じように動作すると予想され、ワットあたりのパフォーマンスがさらに50%向上します。

AMDが共有するロードマップによれば、RDNA 2 GPUは、新しいGPUアーキテクチャの一部となる3つの主要な機能を備えています。何よりもまず、ワットあたりのパフォーマンスの向上は、いくつかの理由によるものです。AMDはTSMCの7nmプロセスからより高度な7nmプロセスノードに移行します。新しいプロセスノード自体は、新しいGPUのトランジスタ効率を向上させながら全体のサイズを縮小し、AMDがより小さなパッケージでより多くのパフォーマンスを詰め込むことを可能にします。

ワットあたりのパフォーマンスを50%向上させた主な変更には、クロックあたりのパフォーマンス(IPC)を改善した再設計されたマイクロアーキテクチャー、デザインの複雑さを減らし、クロックの増加などの物理的な最適化とスイッチングを削減するのに役立つロジックを強化させたスピードです。AMDはまた、RDNA 2 GPUがVRS(可変レートシェーディング)とハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシングを特徴とすることを発表しました。AMDは、NVIDIA TuringGPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードに前述のテクノロジーをすでに実装しており追随しています。AMDは、MicrosoftとSonyからの新しいコンソールの発売を間近に控え、次世代のゲームタイトルに統合するための独自の最適化フレームワークを備えたこれらの機能を開発者に提供するよう努めています。

AMDは最近、ハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシングを利用するMicrosoftのDXR 1.1(DirectX 12 API Ultimate)デモを実行するRDNA 2 GPUを内部で展示しました。AMDのレイトレーシングへのアプローチは、開発の簡素化と迅速な導入を提供することであり、ゲーム開発者の大多数がその取り組みに注力しているコンソールを通じて確実に可能です。最近の噂では、AMDのハイエンドRDNA 2 GPUラインナップだけがハードウェアレベルのレイトレーシングテクノロジーを備えているのに対し、エントリー層およびメインストリームラインナップは、NVIDIAがTuringグラフィックカードのラインナップであるGeForce RTXとGeForce GTXを区別する方法と同様に、より高いパフォーマンス効率に焦点を当てているようです。

AMDのCEO Lisa Suはすでに、新しいRDNA 2 GPUベースのRadeon RXハイエンドファミリと7nm RDNAリフレッシュファミリが今年発売されることを期待できると述べています。「Navi 2x」のラインナップは上から下にスケーリングし、その名前が示すように、第1世代のRXグラフィックスカードの2倍のパフォーマンス効率の向上をもたらすと述べたプレゼンテーションでも同じことが述べられました。AMDのハイエンドのRadeon RX Navi GPUは、Navi 10の最大2倍の速度になり、大容量のダイサイズとGDDR6メモリを備えて いるという最近の噂がすでにあります。第2世代RDNAナビGPUに期待される機能の一部は次のとおりです。

  • 最適化された7nmプロセスノード
  • 熱狂的グレードのデスクトップグラフィックカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックカードの組み合わせ
  • First-Gen Navi GPUよりも電力効率が高い

Big Navi Radeon RX GPUの主要な機能の1つは、RyzenがCPUセグメント全体を破壊したのと同様に、4Kゲームセグメントを破壊することです。これらはAMDによるいくつかの大胆な主張ですが、それらの噂されている仕様が通り抜けるのであれば、これらの主張はそれほど遠くないかもしれません。

繰り返しますが、AMDは独自のプレゼンテーションで、RDNA 2ベースのRadeon RX ‘Navi 2X’ GPUの熱狂的なクラスのパフォーマンスを強調したので、それは考慮すべきことです。ただし、AMDが高性能グラフィックスカードを発表するにつれ、反対側からの競争は目を閉じてしまうだけではありません。GeForce GPUをベースとする次世代のNVIDIAは、我々が見てきたことを早期に仕様をもとに、独自の獣になりつつされています。

噂によると、NVIDIAとAMDの両方が2020年9月までに次世代および主力のゲームグラフィックスカードを発売する予定です。そのため、AMDのRDNA 2 GPUは、NVIDIAの次世代GPUインベントリと競合するようです。2020年第3四半期および第4四半期は、最高のハードウェアを搭載したPCのアップグレードを楽しみにしているすべてのハードウェアのコアユーザーと主流のPCゲーマーにとって、間違いなく興味深い時期です。