TSMCの7nmノードに基づくNVIDIAのAmpere GPU、Samsungの5nm EUVプロセスに基づく次世代HopperGPUの噂、量産を今四半期から開始

(Source:wccftech)

ChinaTimesは新しいレポートで、NVIDIAのAmpere GPUが実際にTSMCの7 nmプロセスノードテクノロジーを利用するのに対し、次世代のHopper GPUファミリーはSamsung 5 nm EUVプロセスノードに基づくと報告しています。

TSMCの7nmプロセスで製造、NVIDIAのAmpere GPUとSamsungの5nm EUVノードで製造の次世代Hopper GPUとの噂

NVIDIAは、同社のCEOであるJensen HuangがフィーチャーするGTC 2020「Get Amped」の基調講演の録音済みバージョンを公開し、新しいイノベーション、発表、テクノロジーを発表します。オンライン基調講演のコアセグメントは、仕様や製品などの技術情報とともに発表されるAmpere GPUに焦点を当てます。

ChinaTimesによると、NVIDIAはTSMCの7nmプロセスノードの最大の顧客の1人として確認されています。これは、少なくともHPCおよびデータセンターセグメント向けのNVIDIAのAmpere GPUが、TSMCの高度なチップ製造プロセスに基づいていることを示しているようです。ニュースが発表されるとすぐに、Samsungは第1四半期の決算報告で声明を発表し、2020年第2四半期に5nm(5LPE)EUVプロセスの生産を開始することを確認しました。

Samsungはすでに5nmプロセスノードを利用するプロセッサ、グラフィックスカード、その他のさまざまな製品の注文を受け取っていると報告されています。レポートによると、これらの製品のほとんどは、民生用アプリケーションで利用される予定です。AMDは内部のロードマップに基づいて、Samsungのファウンドリを次世代のプロセッサまたはグラフィックスカードに使用することは想定されていませんが、NVIDIAの次世代のHopperGPUは、Ampere GPUの後継品としてSamsungの5nm EUVノードを利用する可能性が非常に高いです。

NVIDIA Tesla Graphics Cards Comparison

Tesla Graphics Card NameNVIDIA Tesla M2090NVIDIA Tesla K40NVIDIA Telsa K80NVIDIA Tesla P100NVIDIA Tesla V100NVIDIA Tesla Next-Gen #1NVIDIA Tesla Next-Gen #2NVIDIA Tesla Next-Gen #3
GPU ArchitectureFermiKeplerMaxwellPascalVoltaAmpere?Ampere?Ampere?
GPU Process40nm28nm28nm16nm12nm7nm?7nm?7nm?
GPU NameGF110GK110GK210 x 2GP100GV100GA100?GA100?GA100?
Die Size520mm2561mm2561mm2610mm2815mm2TBDTBDTBD
Transistor Count3.00 Billion7.08 Billion7.08 Billion15 Billion21.1 BillionTBDTBDTBD
CUDA Cores512 CCs (16 CUs)2880 CCs (15 CUs)2496 CCs (13 CUs) x 23840 CCs5120 CCs6912 CCs7552 CCs7936 CCs
Core ClockUp To 650 MHzUp To 875 MHzUp To 875 MHzUp To 1480 MHzUp To 1455 MHz1.08 GHz (Preliminary)1.11 GHz (Preliminary)1.11 GHz (Preliminary)
FP32 Compute1.33 TFLOPs4.29 TFLOPs8.74 TFLOPs10.6 TFLOPs15.0 TFLOPs~15 TFLOPs (Preliminary)~17 TFLOPs (Preliminary)~18 TFLOPs (Preliminary)
FP64 Compute0.66 TFLOPs1.43 TFLOPs2.91 TFLOPs5.30 TFLOPs7.50 TFLOPsTBDTBDTBD
VRAM Size6 GB12 GB12 GB x 216 GB16 GB48 GB24 GB32 GB
VRAM TypeGDDR5GDDR5GDDR5HBM2HBM2HBM2eHBM2eHBM2e
VRAM Bus384-bit384-bit384-bit x 24096-bit4096-bit4096-bit?3072-bit?4096-bit?
VRAM Speed3.7 GHz6 GHz5 GHz737 MHz878 MHz1200 MHz1200 MHz1200 MHz
Memory Bandwidth177.6 GB/s288 GB/s240 GB/s720 GB/s900 GB/s1.2 TB/s?1.2 TB/s?1.2 TB/s?
Maximum TDP250W300W235W300W300WTBDTBDTBD

GTC 2020の基調講演でこれを明確にする最新のロードマップを見るのは間違いなく興味深いでしょう。NVIDIAは、Samsungの5nmをベースにしたグラフィックスカードのコンシューマーベースのラインナップに参入する機会もあり、この四半期には大量生産が行われており、Turingラインナップに代わるGeForceカードが2020年末までに登場する可能性があります。

NVIDIA GeForce RTXラインアップも2018年後半に発表されました。NVIDIA のAIBパートナーが2020年第3四半期にコンシューマーベースのGeForceラインアップを大幅に発表する前に、NVIDIAのAIBパートナーが積極的にGeForce RTX(Turing GPU)の在庫をクリアしていることをいくつかの情報源により確認しました。2020年第3四半期も、Computex 2020に移行したのは理にかなっていますが、NVIDIAがGPU(GeForce)の発表する別の場所を選択する可能性があります。

そうは言っても、NVIDIAのAmpere GPUは間違いなくHPC市場に大きな影響を与え、すでにいくつかの種類がリークしており、パフォーマンスは約30 TFLOP(FP32)と評価されています。NVIDIAが次世代のGPUラインナップを発表する5月14日より前に、より多くの情報が提供されるようであれば、最新情報をお届けします。