IntelのXe HP MCM GPUは非常に大きな3696mm²パッケージ

(Source:wccftech)

ついにIntelがラボで構築している、完全に巨大なMCMベースのXe HP GPUを初めて目にしました。パッケージとテストラボの意図的にダウンレゾされた画像は、謎のジムケラーと共にIntelのチーフアーキテクトRaja Koduriによって少し前にツイートされました。「すべての基本」という用語は、以前にラージャで見た(そして聞いた)言葉なので、ドットをすばやく接続することができました。すべてのGPUが最初の写真を撮ったばかりです。

Intel Xe HP MCM GPUは、合計ダイサイズが2000mm²で、16ビットフロートを備える

2019年12月に戻って、Raja Koduriはバンガロールのチームと一緒に次のツイートを送信しました。ただし、ここでの重要なポイントは、Rajaがツイートで明らかに述べているように、これがIntel Xe HP GPUであることです。彼はこのGPUを「すべての父」のヒンディー語/ウルドゥー語である「すべての悪魔」と命名しました。


数か月早送りして、最近彼は次のデッキをつぶやきました。パッケージと伝説的なジムケラーの写真が付いています。画像のRajaの写真は巧みにデレズされ、どのような調査も不可能になり、Jim Kellerの写真も同じ理由で焦点深度が浅くなっていますが、実際のGPUパッケージの写真は非常にはっきりしています。興味深いことに、このパッケージはLGAデザインを特徴としています。これは単にテスト目的の場合もあれば、企業で使用する実際の配信形式の場合もあります。結局のところ、X(カイ)はファイの次の文字です。Rajaはまた、Intel Xe HP GPUのこのツイートで16ビットフロートのサポートを確認しました。これは、AIおよびディープラーニングアプリケーションに非常に不可欠です。


カメラがほぼ完全に中央に配置されており、便利な目盛りの参照も提供されているという事実がとても気に入っています。それはまるで、Rajaが物事を理解するための探偵であるかのようです。さて、信頼できるピクセルカウントアルゴを起動し、AAバッテリー(長さ49.2mm)の控えめな見積もりを使用して、次の見積もりに達しました。

チップ全体の計算では、卓越した3696mm²でした。これは、長さが約1ダブルAAセルで、幅がダブルAAセルより約53.6%大きくなっています。これにより、高さおよび幅がそれぞれ48.9mm x 75.6mmの見積もりになります。また、ヒートスプレッダーの下の使用可能な面積も計算しました。これは、約2373mm²でした。Intelがあまりきつくフィットしないと仮定すると、2000mm²のマークに当たる実際のシリコン表面積を簡単に確認できます。これは完全に正気ではなく、本当にすべての失敗です。

[推測] Intelが2000mm²の完全なヒートスプレッダー領域の近くを利用していると仮定すると(現在、この制限をはるかに下回っている可能性があることを覚えておいてください)、タイルの概算に到達することもできます。現時点ではIntel Xe HPがIntelのPonte Vecchio GPUとどのように接続するかは不明ですが、2つが接続されている場合や類似している場合、最大表面積を達成するために、500mm²の4タイルまたは250mm²の8タイルのいずれかを考えている可能性があります。Ponte Vecchioは2021年に発表する予定で、7nmプロセスで構築されます。