第11世代CPU Intel Tiger Lake-Uベンチマーク

(Source:tomshardware)

ちょうど2週間前、Intel Core i7-1185G7は3DMarkベンチマークリーク処理を受けていましたが、今日、ハードウェアリーカー@_Rogameによって発見されたように、別のチップが同じリークされているようです。

第11世代Intel Tiger Lake-U i7-1165G7がリーク

高いSKUの対応製品と同様に、i7-1165G7はTiger Lake-Uの製品になると予想されます。少なくともこれらの初期のベンチマーク結果では、2つのチップにそれほど多くの違いがあるようには見えません。

噂のIntel Tiger Lake-U仕様とパフォーマンス

 インテルCore i7-1165G7インテルCore i7-1185G7
コア/スレッド4/84/8
基本周波数2.8 GHz3.0 GHz
ブースト周波数??
3DMark Time Spy CPUスコア47502922
3DMark Time Spy GPUスコア11501296
3DMark Time Spy Combined12971414

 伝えられるところによると、i7-1165G7はi7-1185G7と比較して200 MHz低い周波数を持っています。これらのチップは、第10世代のIce Lake-Uシリコンを継承していることに注意してください(第10世代のComet Lakeのパーツと混同しないでください)。以前のi7-1065G7と比較すると、i7-1165G7は実際には、これらの数値が正しいと仮定すると、そのベース周波数で1.5 GHzの印象的な印象を受けます。

もちろん、ブーストクロックに関する情報がなければ、パフォーマンスについて多くを語ることはできません。残念ながら、どちらのリークもブーストクロックに関する適切な情報を伝えていません。

  • 最高の(非ゲーム)の性能のCPU、当社のテストによると
  • 最高のゲームのCPU、当社のテストによると、

どちらのチップにも何らかの形のIntelのXeグラフィックスアーキテクチャが搭載されると思われます。

3DMarkでは、i7-1165G7がグラフィックスに対して1,150ポイント、CPUに対して4,750ポイントを獲得し、合計スコアは1,297ポイントでした。これは、より強力なi7-1185G7のスコアよりもわずかに低いです。とはいえ、i7-1165G7のスコアのCPU部分はi7-1185G7のCPU部分よりも大幅に高かった。これは、独自のテストを実行できるようになるまで、これらのスコアにあまり多くの信頼を置くべきではないことを思い出させます。