AMD Radeon向けのRDNA2次世代アーキテクチャは、コンソール製品と同一ではありません

(Source:wccftech)

次世代コンソールのアーキテクチャの発表は、AMDの今後のRDNA2アーキテクチャについて熱心に議論し、RDNA2が次世代Radeonグラフィックスカードにどのように変換されるかについて避けられない推測を始めました。この件に精通している情報筋は、AMDの今後のグラフィックスカードに対するRDNA2の実装は、次世代のコンソールとまったく比較できないものであると言っています。

AMD Radeonグラフィックスカード用のRDNA2は、次世代コンソール「カスタムRDNA2」とは異なる

PS5とXboxシリーズXの両方が、「RDNA2」ではなく「カスタムRDNA2」として使用されるアーキテクチャをリストしている非常に良い理由があります。ゲーマーがXSXおよびPS5で使用されるRDNA2と今後のRadeonカードのRDNA2を混同することを望まないため、「カスタム」プレフィックスです。AMDのRadeon GPU向けRDNA2実装が優れているという意味をもっている事のようです。

RadeonのためのAMDのRDNA 2次世代GPUアーキテクチャはありません XSXやソニーPS5と同じ。セミカスタム実装は、まもなく登場するRadeon GPUでフィーチャーされるものとは異なるアーキテクチャであるということ。XSXとPS5でのRDNA 2の実装の違いはどこなのか? 次世代コンソールと今後のRadeonカードのRDNA2実装の違い。AMDの今後のBig Navi GPUは、第2四半期末までに発表される予定です。しかし、同社はすでに、今後のRDNA2ベースのGPUがDirect X 12 Ultimate APUのサポートを特徴とすることを明らかにしています。これらのグラフィックスカードにかなりの優位性がもたらされ、DX12 Ultimateは、他のDirectX APIと同様に、特定の機能レベルを達成する必要があります。

AMDのBig Navi GPUがEEC申請で発見

AMDの今後のBig Navi GPUと考えられるものは、以前にEEC申請で発見されました。ただし、AMDは命名法を変更できること、およびこれらの提出書類が示す唯一のことは該当製品が用意されつつあるということです。EECファイリングでは、Radeon RX 5950XT(フラッグシップ)、Radeon RX 5950、Radeon RX 5900、およびRadeon RX 5800の4つの新しいGPUに言及しています。これがほぼ2.5年前に私たちに約束されたBig Naviであり、AMDファンに彼らが待ち望んでいたハイエンドカードを提供するBig Naviであることと考えてよいと思います。

命名法により、RX 5950 XTはこれまでのどれよりもはるかに強力である事が解ります。