IntelはDG1の後10nmをスルー

(Source:wccftech)

比較的曖昧な台湾の出版物が、IntelはDG1 GPUの直後に独自の10nmプロセスを廃止し、次世代部品の製造のためにTSMCのプロセスに移行することを計画していることを独占的に報告しています。これは2021年までに行われ、開始時にTSMCの6nmプロセスを利用します。GPU生産のためのTSMCへの移行は以前にも噂されていたもので、以前と同様に、この情報を独立して検証することはできません。したがって、この投稿は単なる噂で終わる可能性があります。

インテルがハイエンドXe GPUフラッグシップの生産のためにTSMCのサブ7nmプロセスを活用

インテルは今年DG1で最初のGPUトライアルを開催します。これは10nmプロセスに基づくグラフィックカードです。およそ25Wの電力とNVIDIA MX 250よりも高いパフォーマンスレベルを消費するDG1は、本質的にディスクリートフォームファクターのTGL iGPUです。96のEUを特徴とするインテルは、Xe HPのようなより野心的な製品に進む前に、地ならしをしたいだけであることは明らかです。興味深いことに、IntelのCFOは以前、10nmの歩留まりは大きくなく、実際には古い22nmプロセスよりも収益性が低いことを認めていたため、Intelが主流GPUの大量生産のためにノードをタップすることはありません。Intelの10nmの問題により、GPUアーキテクトは非常にユニークな難問に陥ります。7nmはEUVへの移行(および難易度カーブのリセット)を計画しているため、7nmは簡単になりそうですが、10nmは大量生産の観点から絞ることが非常に難しいでしょう。TSMCがGPUを過去に製造しており、CPUよりも(比較的)製造しやすいことを考慮すると、TSMC向けにIntel TMGを廃止する合理的な理由があるようです。

また、CPUへの需要は満たされておらず製造は100%で実行されています。このためGPUを大量生産するために負荷をかけることは意味がありませんので同じものをTSMCにオフロードします。とはいえ、同社はPonte Vecchioが7nmプロセスで製造されることを確認しているため、IntelはTMGとTSMCの両方を活用する非常に柔軟な配置を考え出すのか、そもそもこの噂が噂にすぎないものなのかということです。