Intel 3月下旬に第10世代モビリティプロセッサを発売へ

(Source:wccftech)

インテルの第10世代モビリティプロセッサに関する発表の時期が決まってきたようです。Intelが発売するCPUの正確なモデルだけでなく、禁輸措置が解除される日付もあります。インテルは、3月下旬にCore i5 10300H、Core i7 10750H、およびCore i7 10875Hプロセッサーを発売する予定です。私の情報源によると、禁輸措置は3/31になっていますが、Intelはこれらの日付を変更できることに注意してください。

Intel、強力な8コアモビリティプロセッサーのフラッグシップであるCore i7 10875Hを3月31日発売

プロセッサの完全な仕様や、プロセッサが基づいている正確なプロセスはまだわかりませんが、プロセッサの名前とモデル、および解除日は判明しています。Intelがモビリティラインナップを既存の2つではなく、さらに追加し別のカテゴリに分割することです。

  • Core i5 9300Hは、Core i5 10300Hプロセッサに置き換えられます。
  • Core i7 9750Hには、Core i7 10750HとCore i7 10875Hの2つの異なるSKUが継承されます。
  • Core i7 10875Hが8コア/ 16スレッドパーツであることはわかっています。

Intelの以前のモビリティフラッグシップであるCore i7 9750Hは6コアの部品でしたが、AMDのRenoirなどの7nm製品との競争の激化により、Intelはゲーム向けに強化しているようです。Core i7 10750Hは6コア/ 12スレッドパーツであり、Core i5 10300Hは標準のクアッドコアであると想定しています。

[注意:この部分は私たちの意見であり、当社の独占的なものではありません] Intelの第10世代Hシリーズモビリティラインナップが既存の第10世代モビリティパーツのキューに従う場合、10nmプロセスで製造されたSunny Coveアーキテクチャに基づき、本質的にルノワールの非常に強力な候補者です。AMDのRenoirは7nmプロセスに基づいており、電力効率とダイスペースの経済性が重要なモビリティプラットフォームに存在することを考慮すると、Intelの14nmプロセッサはこれらと競合することはできません。これらが10nmの部品であると仮定すると、これらが発売された3月に物事は非常に熱くなりそうです。ローンチと言うときは、アナウンスメントを意味します。実際の可用性は数週間遅れる可能性があります。Intelの第10世代Hシリーズプロセッサは、モビリティ分野のアップグレードサイクルを迅速に開始し、プロセスリードと市場シェアの点で企業を安定させるのに役立つはずです。ただし、10nmの想定が間違っていて、実際には14nmの部品である場合、事態は非常にトリッキーになり、非常に高速になる可能性があります。Renoirは、パフォーマンスと可用性の点で14nmの部品を簡単に勝ち取り(Intelの14nmファウンドリは完全にぎっしり詰まっています)、会社は市場シェアとマインドシェアを維持するために、価格をさらに引き下げなければなりません。また、メッセージングを適切に把握する必要があります。