Intel 10nmの歩留まりは解消し、7nm Ponte Vecchio GPU軌道に乗る

(Source:wccftech)

Intelは素晴らしい四半期を過ごしており、製造可能なすべてのチップを販売しています。また、スライドにはいくつかの追加情報が埋められていました。Intelは公式に、10nmの歩留まりは予想を上回っており、2020年には少なくとも9種類の10nm製品をリリース計画していると述べています。

Intelは2020年に9つの10nm製品を計画しており、期待を上回る成果

Intelは同じノードにとどまりながらアーキテクチャを改善するのに非常に熟練していますが、14nmが非常に長い間存在していることを考えると、10nmへの移行は切望されており、おそらく会社の歴史上、ターニングポイントになるでしょう。以前にいくつかの噂がありましたが、10nm HVMが2020年に登場すると予想されていることは明らかではありません。Intelはさらに、期待以上の歩留まりだけでなく、9種類の10nm製品をリリース計画しています。

主なポイントは次のとおりです。

  • 10nmの歩留まりは予想を上回っています。
  • 9つの10nm製品が2020年にリリースされる予定です。
  • Intelは、2020年にウェーハ容量を25%増やす予定です。
  • 2021年第4四半期に予定されている7nmPonte Vecchio GPU。

また、XeベースのPonte Vecchioでの作業は順調に進んでいるように見えます。これは、この技術が最終的にゲーム空間にも浸透するため、ゲーマーにとって朗報です。Intelの7nm対応のPonte Vecchio GPUは、GPUプレイヤーになるという同社の野望における最初の重要なマイルストーンであり、最初の主要な多様化を構成します。IntelのDG1 GPUは、おそらく年内に発売される10nm製品の1つです。他の8つの製品については、CPU側とFPGA / AIベースの製品が混在する可能性があります。

Intel CEOは7nmへのコミットメントを再確認し、10nmで何がうまくいかなかったかを説明します

ボブ・スワンは以前、IntelがどのようにしてAMDのCPU市場シェアの大部分を失い、需要に応えられない立​​場にあるのかという質問に答えてきました(これは古い哲学とは対照的です)警告の側でエラーを優先し、常に予備の生産キャパを確保)

ここでの達成方法は3種類あります。1つは予想よりもはるかに高速になり、CPUとサーバーの需要は2018年に予想よりもはるかに速く成長しました。 21%の成長率で成長したため、良いニュースの問題は、データ中心の企業への変革における製品の需要が予想をはるかに上回っていたことです。第二に、スマートフォンモデムで100%の市場シェアを獲得し、それをファブで構築することを決定したため、さらに多くの需要を引き受けました。そして第三に、それを悪化させるために、10nmを実現することに失敗しました。それが起こると、14nmというより多くのパフォーマンスを最終世代に組み込むことができます。つまり、コア数が増え、ダイサイズが大きくなります。したがって、これら3つは、私たちが考えていたよりもはるかに速く成長し、モデムを内部に持ち込み、10nmを遅らせた結果、柔軟なキャパシティがなかった状況になりました。-Intel CEOボブスワン

これらのほとんどは古いニュースですが、Intelが生産キャパを満たすことができない理由について確固とした理由を与えたのはこれが初めてです。つまり、社内でスマートフォンモデムを生産することを決定したため、物事をCPU側に焦点を合わせます。また、Intelが14nmの需要に対応できなくなったのは、もっともらしい説明であり、代わりに22nm製品の拡張に頼らざるを得ません。何がうまくいかなかったかを具体的に説明するように求められたとき、ボブ・スワンは、Intelが業界標準を破る能力に自信を持ちすぎ、結果に苦しんだと認めて率直に答えました。ここで「瘢痕組織」と呼んでいるのは、ボブが与えた説明です。

瘢痕組織は本当にムーアの法則から始まりました。2年ごとに2倍の倍率であり、これは一種の単純な経験則です。それは非常に長い間機能していました。そして、22ナノメートルから40ナノメートルへ、そして14ナノメートルから10ナノメートルへの移行により、物理学がより困難になっているにもかかわらず、パフォーマンスの面でより高い水準を設定することにしました。したがって、22から14は2倍の密度ではなく、2.4であり、途中ででこぼこでしたが、機能していたので、14から10の場合、スケーリングファクターを最大2.7にしないといけないという自信が得られた密度とパフォーマンスを向上させようとすることの意味から問題が見え始めます。第二に、7 nmについて考えると、2.4スケーリングや2.7スケーリングをしようとするつもりはありません。競合他社の3ナノメートルとなる5 nmについて考えると、2.0を歴史的な傾向に戻します。 。2021年第4四半期の最初の7nm製品では、 10 nm付近の課題のもう1つのポジティブな点は、14を改善する方法を学んだことです。 +、14 ++、そしてあなたが同じノードに4年間いましたが、10に進むにつれて改善し続けるチップのパフォーマンスになりました。-Intel CEOボブ・スワン

Intelが7nmの2倍の倍率を追いかけ、EUVに移行したことで、2021年の第4四半期に同社は最初の7nm製品(TSMC 5nmに相当)を導入する準備がすべて整ったようです。 2H 2024年までに5nm(TSMC 3nmに等しい)を登場させます。