Intelの第2世代Xe DG2 GPUは、TSMCの7nmプロセスノードにて登場

(Source:wccftech)

Intelは、TSMCの7nmプロセスノードで次世代XeグラフィックスアーキテクチャベースのDG2 GPUを生産していると噂されています。IntelはすでにXe Low Power「DG1 GPU」とXe HPC「Ponte Vecchio GPU」をプレビューしていますが、不足しているのはXe High-Performance GPUまたは私たちによく知られているDG2だけです。

TSMCの7nmプロセスノードに基づき第2世代XeグラフィックアーキテクチャであるハイエンドDG2 GPUを販売すると噂されています。

IntelのXe DG2 GPUについて耳にするのはこれが初めてではなく、昨年DG1 GPUと並んでテストドライバーで初めて登場しました。明らかになった3つの種類のEUカウントと思われるものと、DG2がXe LP(低電力)の代わりにXe HP(高性能)マイクロアーキテクチャを使用するという事実以外の詳細はありませんでした。噂に戻って、AdoredTVは、Intelが2022年にDG2 GPUを導入し、7nmプロセスノードに基づいているという情報を入手したと報告しています。さらに興味深いのは、Intelが自社の7nm EUVテクノロジーではなく、DG2 GPUの生産にTSMCの7nmプロセスノードに依存していることを言及していることです。Intelは7nm技術で10nmプロセスに直面しなければならなかった損失と反撃をカバーすると言われていますが、これはGPUではなくCPUにのみ関連します。

Intelの7nmは、次世代のCPU(サーバー、デスクトップ、モバイル)の原動力となるでしょう。この種のIntelは、7nmリード製品がデータセンターAIおよびHPC市場向けのFoverosパッケージを使用したXeアーキテクチャベースのGP-GPUであることが明らかになったため、Intel自身が7nmプロセスノードに計画したものに干渉します。現在、そのチップはポンテヴェッキオとして知られているため、Intelの7nmプロセスノードに基づく2021のリード製品はXe HPCですが、Xe HPCクラスGPUのように生産工場の大部分をCPUに優先させる可能性がありますXe LPやXe HPなどのGPUの主流ラインと言っても、7nmのボリュームを占有する必要のない非常にニッチな製品です。しかし、ここでさらに興味深い部分があります。Intelは、EUVを搭載した7nm +ではなく、TSMCの7nmプロセスに依存しています。TSMCの7nm + EUVプロセスは、2019年第2四半期に量産を開始しました。これは、Intelが独自の7nm(EUV)やTSMCの7nm +ノードではなく、関連するコストがはるかに高いため、標準の7nmルートを採用するもう1つの理由であり、 Intelの新しいプロセスノードの最初の反復供給の問題は、10nmロードマップからすでに明らかです。そのため、現在の本格的なメインストリームおよびハイエンド製品ラインよりも、CPUと少量のデータセンターチップを7nmに優先させる方が理にかなっています。

比較のためだけに、Intelは、2022年に7nm +、2023年に7nm ++で7nmプロセスノードの最適化を引き続き提供します。10nmと同様に、7nmは10nmを超える追加リストを提供します。

  • 2x密度スケーリングと10nm
  • 計画的なノード内最適化
  • 設計ルールの4分の1の削減
  • EUV
  • 次世代FoverosおよびEMIBパッケージ

7nmステータス:   Renduchintalaは、2倍のスケーリングを実現するIntelの7nmプロセステクノロジーの最初の更新を提供し、デザインルールの複雑さを4倍削減しながら、ワットあたりのパフォーマンスを約20%向上させると予想されます。これは、複数ノードの世代のスケーリングを促進する技術である、極端紫外線(EUV)リソグラフィーの同社初の商用利用を示すものです。Intel経由

AdoredTVが言及している他の重要な詳細は、DG2がIntelの第2世代Xeグラフィックスアーキテクチャによって強化されることです。また、2022年の発売は、TSMCからのより高度なノードの利用を目指しているNVIDIAとAMDによる次世代GPUに対して配置されることを意味します。そして、Ampereと第2世代Naviの両方がすでにあるタイミングでDG2の発売がされます。以前の報告では、Intelは予算とエントリーレベルのセグメントを目指すということは本当になってしまうかもしれません。DG2 GPUの開発は、DG1としてまだ完了していない可能性があります。第1世代のXeグラフィックチップは、ISVのこの四半期に出荷を開始し、年末に向けて発売します。しかし、これは2022年にIntelの7nm GPUの発売を宣伝する2番目のレポートでもあります。前の噂では、IntelのXe GPUが発売に間に合わない理由がいくつかありました。

  • Xe GPUで進捗がうまくいかない
  • Ponte Vecchio HPC GPUが今後2年以内に起動しない可能性(2022)
  • Xe GPUの効率は競合他社と比較して非常に低い
  • 起動時にAIBサポートなし、Intelが販売するディスクリートグラフィックスカードの参照モデルのみ
  • ドライバーは改善するのに多くの時間が必要です

以下は、Intelのテストドライバーにこれまでに登場したXe DG * GPUのリストです。

  • iDG1LPDEV = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 LP DG1” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP512 = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP256 = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP128 = “Intel(R)UHDグラフィックス、Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”

繰り返しになりますが、Intelは現在、Xeグラフィックスアーキテクチャに基づいた2つの製品を確認しています。どちらもXeアーキテクチャの2つの異なる世代に基づいています。この噂ではたくさん語っていますが、まだ確認されているものはありません。Intelは、3月のGDC 2020で Xeグラフィックアーキテクチャの詳細を発表する準備がすべて整っているので、近いうちに詳細を聞くことができると思います。