NVIDIAは今期、次世代GPUでゲーム収益が2桁増加

(Source:wccftech)

NVIDIAは、単調な2019年を過ごしました。同社は、GPUのSUPERシリーズを発売したが、これは、ゲーム業界のこれまでの動向に比べると行き詰まった感のあるラインナップでした。同社の発売のハイライトは、RTX以外のTuring GPU、たとえばGTX 1660 Tiでした。しかし、Piper SandlerとGartnerのアナリストによると、彼らのチャンネルチェックは、NVIDIAの新しい次世代グラフィックスカード(2020年3月に発売すると噂されている)により、同社のゲームセグメントの収益が再び上昇することを示しています。

ガートナーのアナリストは、NVIDIAのゲームセグメントの収益は、次世代グラフィックスカードの発売後12%以上増加すると予想

これはかなり長い間NVIDIAの次の発売時期のあれこれを話していることを考えると、特に驚くべきニュースではない事です。ハイエンドGPUセグメントでの競争の欠如と、結果として生じるNVIDIAの無関心も周知されている事です。シティバンクのアナリストは、半導体市場の回復が2020年を通じて期待されており、需要が強く集まるとコメントしています。NVIDIAが今年、7nmプロセスをベースとする次世代ラインアップを開始し、AMDも7nm生産を大幅に増やすことを考えると、アナリストが2020年に期待することはそれほど驚くことではなく自然な事で半導体業界の復活の年になります。Intelの新しい第10世代チップも間もなくラウンチすると予想されますが、14nmチップがすでに工場の全生産能力を利用していることを考えると、こちらは大した助けにはなりません。来年に期待する事になります。Gartnerによると、12.5%の成長は、NVIDIAのゲームセグメント(本質的にGeForceシリーズ)から期待できるものです。NVIDIAの記録的な四半期の連勝は、GeForceの成功によって後押しされたものであり、もし会社がその成功したレシピを復活させることができれば、20%以上の成長を容易に見ています。同社のPascal GPUは、以前の価格設定レベルの約2倍のパフォーマンスを提供したため、大成功を収めました。次世代のグラフィックスカードについて少しお話ししますが、コード名はAmpereのことはご存知と思いますが、7nmプロセスで製造されるかどうかはわかりません。しかし、AMDはすでに7nmプロセスにあり、NVIDIAが7nmプロセスにしない場合、更新されたプロセスに伴うパフォーマンスの向上だけでなく、規模経済もロスします。7nmのようなより高密度のノードに移行することで、過去最高の四半期を再開することができます。NVIDIAの在庫は、この新しいリリースを期待して最後の四半期から着実に上昇しており、発売がうまくいけば、過去最高に達する可能性があるようです。VGA業界では、Intelが今年にも争いに参加することが予想されており、NVIDIAは、できる限り競争力を高めるためのあらゆる動機を持っていることに留意してくるでしょう。略奪的な方法で値付けされたDG1は、低価格ゲーミングセグメントを混乱させる可能性があります。