AMD Radeon RX 5600 XTを発売、279ドル

(Source:wccftech)

AMDは新しいRX 5600 XTグラフィックスカードを発表しました。1月21日に入手可能になり、価格は279ドルになります。このカードは1080p市場に正真正銘配置されており、eスポーツプレイヤーにとっても理想的なカードです。ただし、このカードは7nmで製造されていますが、クロック低いことです。

AMDは、1月21日にRadeon RX 5600 XTを発売へ

AMDは、NVIDIAの1660 Ti GPU(1080pゲームに最適なグラフィックスカード)に対するベンチマークをいくつか紹介しました。Call of Duty Modern Warfare、Division 2、Gears of War 5などのゲームでは、AMDのRX 5600XTが最高に良い成績でした。また、Apex Legends、Fortnite、World of Warcraft:Battle for AzerothなどのeSportsゲームで120 fps 1080pのゲームを紹介しています。

最初に知っておくべきことは、RX 5600 XTはAMDのNaviファミリー初の6GBカードであることです。バス幅は192ビットです。RX 5600XTは、約7.2 TFLOPSの合計パフォーマンスを実現するために、約1560 MHzでクロックされる2304コアを搭載する予定です。これは、120個のテクスチャユニット、48個のROP、および3MBのL2キャッシュと結合されます。カードのTDPは150W(技術的にはTBP)で、RDNA1に基づいています。このカードは、RX 5700XTのパフォーマンスの約75%を(同じクロックレートで)提供します。

カードの完全な仕様は次のとおりです。

  • クロック:GPU /メモリ
    ブーストクロック:最大1560 MHz / 12.0 Gbps
    ゲームクロック:1375 MHz / 12.0 Gbps
    ベースクロック:1130 MHz / 12.0 Gbps
  • 主な仕様:
    Radeon RX 5600 XTグラフィックス
    第2世代7nm GPU
    最大1560 MHzブーストクロック
    6GB GDDR6、最大0 Gbps速度
    1 x 8ピンコネクタ
    3 x DisplayPort / 1 x HDMI
    240.6 x 126.5 x 53.0 mm
  • 主な機能:
    長寿命デュアルファンデザイン
    メタルバックプレート
    0dBサイレント冷却
    AMD Eyefinityテクノロジー
    Radeon FreeSync 2 HDR
    8K解像度サポート

RX 5500 XTは、ターゲットとする市場に対して価格が高すぎるため、売れ行きが悪く、RX 5600 XTはこれらのギャップの一部を解決するのに役立つ可能性があります。これらの仕様では、すでにEOLのPolaris GPUがAMDのラインナップに残していた空隙を埋めるのに役立ち、古いVega 56製品の代替品として機能します。AMDはハードウェアストラップを使用して、既存のNavi 10 GPUのコアを無効にし(技術的に新しいダイを作成)、一部のAIBが問題を自分の手で決定する方法を採用しています。