Intel AMDのRyzenよりもIntel CPUの方が優れている

(Source:wccftech)

Intelのアジア太平洋市場のマーケティング部門は、イベント中に、Core i5およびCore i3プロセッサのパフォーマンスがAMDの8および6コアRyzen 3000シリーズCPUと比較してはるかに優れていることを発表しました。

Intel Marketingは、AMD Ryzen 3000 8コアおよび6コアチップよりも優れた第9世代Core i5およびCore i3 CPUを示す

Intelは現在のところ最高の市場ポジションにありません。プロセッサはすべてのセグメントで押しつぶされており、IntelのCEOでさえ高い市場シェアを維持することに集中したくないほど大きな市場シェアを失っています。Intelには、14nmの生産上の問題からセキュリティの脆弱性、AMDのRyzenラインナップに対して1ドルあたりのパフォーマンスが完全に押しつぶされ、競争力をまったく持たないというところです。こういう多くの問題があります。最近では、第10世代Xシリーズの発売でも数時間後に発表した、AMDの第3世代 Ryzen Threadripperに完全に食い止められました。以前のレポートからわかるように、Intelの第9世代Coreのラインナップは主要市場でうまくいっていないため、Intelのマーケティング部門は最近、中国でイベントを開催し、Core i5およびCore i3プロセッサの利点を示し、AMDのRyzen 3000プロセッサと比較しました。イベント中に表示される最も物議を醸すスライドを強調すると、Intel Core i3-9350KFは、ゲーム、オフィスワークロード、さらにはコンテンツ作成アプリケーションにおいても、Ryzen 5 3000シリーズのラインナップよりも優れていると言われています。詳しく見ていくと、Intel Core i5-9600KF 6コア/ 6スレッドCPUはAMD Ryzen 7 3800X 8コア/ 16スレッドCPUよりも優れているしており、Intel Core i3-9350KF 4コア/ 4スレッドCPUはAMD Ryzen 5 3600X 6 Core / 12スレッドCPUよりも優れていると、Core i3-9100F 4コア/ 4スレッドCPUはAMD Ryzen 5 3500X 6コア/ 6スレッドCPUよりも優れているとのことです。優れていると言われている主な理由は、両方のKFチップがここで述べているように、最大​​4.60 GHzをブーストし、簡単に5 GHzにオーバークロックできることです。Intelはまた、優れたドライバーサポートについても語っていますが、ここでこれらの比較でそれが重要である理由はわかりません。AMD 8コア/ 16スレッドチップよりも優れているIntel 6コア、非マルチスレッドチップは、あまりにも誤解を招く可能性があります。Intelには周波数の優位性がありますが、最近のベンチマークでは、AMDがIntel対してIPCチャートをリードしているため、その優位性がどのように失われたかを確認しました。Intelはゲームでわずか(最大5%)の利点があるかもしれませんが、コンテンツの作成とオフィスのワークロードをリードする6コア/ 6スレッドチップは単なる偽のマーケティングです。

Intelは、論争の的になっている「Real-World」パフォーマンスベンチマークスイートを使用して、第9世代CPUと第3世代AMD Ryzenを比較

Intelの「Real-World」パフォーマンスベンチマークを使用してチップを評価すると、AMD CPUがIntelの製品よりもはるかに優れたパフォーマンス詳細を考慮しないのであればIntelが市場を失い始める理由がわかります。しかし、そうは言っても、Intel独自のベンチマーク方法論でさえ、過去に目撃された競合他社のチップに対して同じテスト環境(ドライバー、プラットフォームのセットアップなど)を使用していないというインスタンスについては議論の余地があります。Intelが誤解を招くベンチマークやステートメントを使用して競争を軽視するのはこれが初めてではありません。彼らは、実際の製品のパフォーマンスを示すものではなく、技術レビュアーが使用するいくつかの重要なパフォーマンスメトリックスと呼んでいます。

 

Intelはまた、非マルチスレッドクアッドコア、Core i3チップを、最大6コアと12スレッドをパックするAMDのRyzen 5 3000シリーズプロセッサと比較しています。これは、IntelがRyzen 3およびRyzen 5のメインストリームラインナップによって市場を失っているCore i3およびCore i5ラインアップに注意を向けてきたものです。繰り返しますが、有効なデータが提供されていない同じステートメントが表示されます。

スライドに記載されているCore i3-9100Fは、オーバークロック可能な6コアのRyzen 5 3500Xプロセッサと比較されている、オーバークロックできないチップです。噂によると、IntelはAMDのRyzenとEPYCのラインナップに取り組み、既存の製品を助成するための資金を投入し、AMDと戦うために略奪的な価格設定を採用するために、Intelの力(金融馬力)で何でもするということです。AMDはまた、自社のプロセッサをIntelのCoreラインナップと比較販売していますが、値ごとのパフォーマンスや各セグメントで提供されるコア/スレッドなど、より意味のある指標を持っています。(詳細はこちら)

HEDT & Mainstream Segment Core/Thread Count Race

Year20162017201820192020
AMD HEDTなし16 / 3232 / 6432 / 6464 / 128
Intel HEDT10/2018 / 3618 / 3618 / 36
28 / 56 (Xeon W-3175X)
18 / 36
28 / 56 (Xeon W-3175X)
AMD Mainstream8/88/168/1616 / 3216 /32
Intel Mainstream4/86/128/168/1610/20

しかし、1つ設定されているのは、Intelがこの時点から製品を販売していても、AMDにとっては先に堅実なロードマップがあります。Intelにとって最悪の事態が終わったと考えていれは良いが実際はそうではありません。AMDが将来のZenコアでどのような機能を備えているかを考慮して、2020年以降に備える必要があります。