Intel 10nmデスクトップCPUは来年前半登場?!

(Source:wccftech)

Intelの10nmデスクトッププランに関する混乱が8月頃からあります。Intelはデスクトップのメインストリームのセグメントに対して10nmを完全にスキップすると報告していましたが、Intelは後に反論し、間違いなくデスクトップにも10nmの計画があることを明らかにしました。IT World Canadaから、IntelのカナダカントリーマネージャーであるDenis Gaudreaultが、デスクトップ用の10nmプロセッサが来年早々に登場するだろうと言われたという新しい声明が発表されました。

Intelによると、10nmデスクトップCPUはすでに稼働中であり2020年初頭に登場する予定といいます。これは混乱する部分であり、そうなる理由はいくつかあります。

まず第一に、Intelの14nmデスクトップロードマップでは、Intelが2020年にComet Lake、2021年にRocket Lakeを提供し、2022年にサブ14nmプロセスノードに移行することを示しています。これは、Hardwareluxxが報告した数か月の間にリークされたスライドのいくつかで検証されましたIntelが7nm(2022年)で10nmデスクトッププランを完全にスキップするというインサイダー情報があり、Intelはすぐにこの情報に反論し、10nm製品の現在のロードマップにはデスクトッププラットフォームも含まれると述べました。以下は、Intelが言ったことです。「10nmでは引き続き大きな進歩を遂げており、現在の10nm製品のロードマップにはデスクトップが含まれています。10nmデスクトップチップが開発中であり、来年早々に到着する予定です。」と述べています。興味深いのは、Intelがまだ10nmデスクトッププランの規模を明らかにしていないことです。Intelは来年登場するComet Lake-Sとして知られる、最大10コア/20スレッドを提供するSKUを含む14nmデスクトップ製品を用意していることをすでに知っています。同じ年に10nmデスクトッププロセッサを発売することはあまり意味がありません。結局のところ10nmデスクトップの発売規模がどのようになるかです。Intelは、デスクトップ用の10nm CPUがメインストリームまたはハイエンドのデスクトップになるのかを明確にしていません。従来、Intelは同じノードでHEDTとメインストリームの両方のラインナップを共存させてきました。現在のメインストリームおよびHEDTパーツは、洗練された14nm ++ノードに基づいています。ただし、次世代の場合、これらのセグメントの少なくとも1つは10nm製品になる可能性があります。Intelは来年、主流市場向けに14nmと10nmの両方のデスクトッププロセッサをリリースすることになりまますが、14nm製品は6、8、10 コアのSKUを備えたより高性能なユーザー向けのセグメントを目指していますが、10nm製品はローエンドクワッドを占める可能性があります。また、来年、Intelはサーバー上に10nm Ice Lakeを搭載し、それらもHEDTラインナップに登場する可能性があります。しかし、2つの独立したXeonラインナップもあります。14nmCooper Lakeはクロック速度が最適化され、10nm Ice Lakeは高度な機能セットによりアーキテクチャが最適化されています。ここで、Intelは別のXeon W-3175X製品を実行し、最大38コア/76スレッドでAMDの第3世代Threadripperと競合することを試みます。最後の1つは、NUCセグメントで発生する可能性のあるものです。IntelのNUCはデスクトップセグメントでも言及されており、Intelは新しいIce LakeまたはTiger Lake CPUに基づいて限定的な10nm NUCラインを発売する可能性があります。また、10nm Tiger Lake NUCは実際に作業中であり、2021年に発売を予定していることもわかっています。しかし、これらすべての推測からわかるように、2020年の10nmデスクトッププロセッサは大規模な発売とは思えません。新しいNUCを使用できるのはIce LakeまたはTiger Lakeだけになります。Intelはまた、10nmが順調に進んでおり、10nm生産に3番目の工場ラインを追加することを計画しているそうです。Intelには、10nmプロセスノードに基づく新しいXe GPUを含む多くの製品があります。デスクトップの場合、10nmは確かに来るように見えますが、どのような形状とサイズで登場するかは不明です。