NVIDIA Ampere 大規模なレイトレパフォーマンスの向上とクロックの高速化、VRAMの増加、TDPとTuringの比較

(Source:wccftech)

NVIDIAの次世代Ampereグラフィックスカードについての巨大な噂とリーク情報が飛び込んできました。NVIDIAが次の焦点としている次世代Ampereに関してそのパートナーのいくつかと技術的な分野で接触していることがわかりました。これは噂にすぎません。

来年上半期に予定されている新しいラインアップよりも早く、次世代のRTX 3000シリーズグラフィックスカードファミリの競争力を高めます。

NVIDIA Ampere RTX 3000シリーズGPUは、Rasterizationの改善とTuringを超える「大規模な」レイトレーシングパフォーマンスの向上を特徴としています。レイトレーシングは、すべてのユーザーがRTX 2000シリーズグラフィックスカードを購入すべき理由のメインでした。しかし、これまで見てきたほとんどの場合、ほとんどの人がレイトレーシングに興奮するだけの性能はなく未成熟と考えるものです。これは次世代のAmpereで変化すると言われています。現在のTuring RTX 2000シリーズグラフィックスカード群と比較して、次世代のRTX 3000シリーズ製品で、「大規模な」レイトレーシング性能の改善を約束しています。AmpereのRay Tracingコアは、Turingと比較して、より高速で、電力効率が高く、Ampere GPUはより多くのコアを備えています。Ampereのパフォーマンスに関するもう1つ焦点は、ラスタライズです。現在、ラスタライズは非常に長い間NVIDIAの焦点であり、そのため、同社のグラフィックアーキテクチャは、従来、複雑なジオメトリの処理においてAMDを大きくリードしてきました。ラスター化のパフォーマンスが重要であった3D環境で製品を設計およびテストするために専門家が頼っていた、同社のエンタープライズTeslaおよびQuadroから最初に生まれています。NVIDIAは、Maxwellで最初に導入されたタイルベースのラスタライズで、ラスタライズの限界を押し広げました。これは、その前身であるKeplerに比べて、アーキテクチャの信じられないほどの電力効率の向上に大きく関係していました。ゲームの世界がより大きく複雑になるにつれて、次世代GPUがこれらの複雑な世界をより効率的にレンダリングできるようにするために、ラスタライゼーションが引き続き重要な役割を果たします。Ampereのレイトレーシングとラスタライゼーションは、Playstation 5とXBOX Scarlettの時代に登場する次世代のビデオゲームで最も重要な領域に焦点を当てることになります。

NVIDIA Ampere RTX 3000シリーズGPU仕様-より多くのVRAM、高クロック、低TDP

現在、詳細なコアカウントとメモリバッファの仕様はまだありません。しかし、RTX 3000シリーズに関しては、全体像がいくつかあります。Ampere GPUは、Turingと比較して、ボード全体でより大きなフレームバッファを備えていると言われています。また、Turingと比較して100〜200 MHz高い範囲で動作し、さらに厳しい電力内ですべてを実行します。これは、Ampereアーキテクチャのベースとなっている7nm EUVプロセス技術のおかげであり、また、アーキテクチャ自体の重要な電力効率の改善のおかげです。Ampere GPUは、Turingよりもさらに低い電圧制限(1.0v以下でも)で動作すると言われていますが、オーバークロックを制限する可能性があるという噂もあります。サムスンの7nm EUVプロセスはまったく新しいものであり、ラボでテストするまでは、Ampereのような高性能GPUデザインで何ができるかはわかっていません。

NVIDIA Ampere RTX 3000シリーズラインアップ-価格と概要

Ampereシリーズは、一般的にTuringとほぼ同じ費用がかかると言われています。ただし、ハイエンドパーツ(RTX 3080およびRTX 3080 Ti)のコストは、RTX 2080および2080 Tiよりもわずかに安いと言われています。これは多くのNVIDIAユーザーを幸せにするはずです。NVIDIAがパートナーに、Turingよりも競争力のあるAmpereのラインナップを目指していることを伝えているのは十分に興味深いと話であると考えますがあくまでも噂でしかない事を忘れないでください。彼らがこれをフォローアップするかどうかはまだよくわかりませんが、来年のAMD Radeonの行動にも確実に影響されます。

NVIDIA Ampereの機能

  • 1-レイトレーシングにおける「大規模」パフォーマンスの向上。
  • 2-ラスタライズのスループットが向上。
  • 3-ボード全体でより多くのvRAM。
  • 4-低いTDP。
  • 5-わずかに速いクロック速度。
  • 6-電圧が低いため、「潜在的に」制限されたオーバークロック機能。

NVIDIAは過去1年間、Ampereの情報をほとんど出しておらず、Ampereを厳重に管理してきました。同社は、競合他社であるIntelとAMDの両方と比較して、過去数年にわたり、一般的にリークをうまく利用してきました。これらの詳細が漏えいすることを認識しており、2020年の前半に予定されている発表に先立ち、Ampereについて少し知ってほしいと思っていたと考えるのが正しいのではないでしょうか。