AMD Radeon RX5800、RX 5600シリーズ

(Source:wccftech)

AMDのNaviベースのRadeon RXシリーズには、3DcenterのNavi 12およびNavi 14 GPUを搭載した今後の新しい情報があります。AMDは、RTX SUPERシリーズと、GTXカードに対して、完全なラインアップを用意するようです。

AMDのNavi 12とNavi 14 GPUの噂です。 Navi 12はRTX 2080に対するハイエンドRadeon RX 5800シリーズ向けに、Navi 14ベースのRadeon RX 5600はTuring GTXカードに対するものとして準備されます。ちょいちょいGPUデータベースに登場し、主流のNavi 14ベースの仕様とパフォーマンスを確認することができました。しかし、AMDがこれらの新しいGPUをどういうラインナップにするのかは明確ではありませんでした。そんなところに、3DCenterのフォーラムメンバーであるBerniyhが、AMDのグラフィックスカード用の最新のLinuxドライバーを深く掘り下げ、Navi 14およびNavi 12 GPUの両方のIDを見つけました。

 

619 case CHIP_ NAVI12 :

620 info-> num_sdp_interfaces = 16;

 

622 CHIP_ NAVI14 :

623 info-> num_sdp_interfaces = 8;

 

3984 if (AMDGPU_IS_ NAVI10 (pInfo-> FamilyID, pInfo-> eRevId))

3994 pInfo-> gfx9.numSdpInterfaces = 16;

 

3DCenter Forumsより

 

リストに記載されている2つの詳細は、pc_linesとnum_sdp_interfacesです。

3DCenterは、これら2つの詳細がどのGPUがハイエンド製品で、どちらがローエンド製品であるか区別する為に役立つとのことです。sdp_interface番号から、Navi 12は16個のsdp_interfacesでNavi 10に近く、Navi 14は両方のチップのsdp_interfacesの半分であることがわかり、また、SDP_interfaces番号はメモリバスと一致し、Navi 10 GPUには256ビットバスがあると考慮すれば、Navi 12 GPUも同様に考慮する事で区別できます。

しかし、Navi 14は128ビットバスインターフェイスです。これは、これまで見てきたように、チップの予算とエントリーレベルのラインナップに一致しているようです。

AMD Navi 12「Radeon RX 5800シリーズ」GPU仕様

AMD Navi 12 GPUは、Radeon RX 5700シリーズよりもはるかにハイエンドな製品を模索しています。これをRadeon RX 5800シリーズと呼び、NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERおよびGeForce RTX 2080と対抗するものであることが予想できます。3DCenterによって投稿された仕様に基づいて、GPUは、2560ストリームプロセッサです。Navi 10よりも30〜50%多くのストリームプロセッサを搭載します。これが実現する場合、RX Vega 56と同様のコア数ということになります。また、カードは256ビットバスインターフェイスで、GDDR6メモリを搭載すると述べていますので、メモリも高クロックで帯域幅も広くなり大幅な仕様向上になる可能性があります。

RTX 2080 SUPERなどのNVIDIAのハイエンドGPUは256ビットバスを搭載し、優れた性能を発揮しますが、SUPERシリーズは通常のシリーズの14 Gbpsと比較して、より高いクロックのGDDR6ダイ(15.5 Gbps)です。 さらに、NVIDIAには、帯域幅をGPUに効率的に分散する為の複数のテクノロジがあります。

AMDは、RX 5800シリーズに特化したGDDR6ダイを使用することもできますが、2048ビットバスインターフェイス全体にHBM2を有効活用させることもできます。これにより、GDDR6を優先的に選択する場合、電力消費が減少し、300ワットに近づく可能性があります。

現時点でのスペックが、RX 5700 XTのGPUメーカー独自のモデルがGeForce RTX 2070 SUPERに近づいていることを考えると、RTX 2080 SUPERと同様の仕様で安価な製品を投入する事ができそうです。

AMD Navi 14「Radeon RX 5600シリーズ」GPU仕様

Navi 14 GPUに進み、Radeon RX 5600シリーズと呼ばれるものです。複数のリークがされているカードのため、我々は3ギガバイト「7340:CF」機能3種類の変種見てきた、4ギガバイト「7340:C1」と8ギガバイト「7341:00」VRAMを。これらは異なるパフォーマンスを示し、3 GBはRadeon RX 570と同等です。これらはまだ初期のエンジニアリングサンプルで、最終的には改善の余地があります。その他仕様には、24 CUおよび最大1900 MHzのクロック速度を備えた1536ストリームプロセッサが含まれます。

これらのカードはGDDR6メモリですが、128ビットバスであるとのこと、3つのラインナップすべてについて驚くべきことは、24 CUの同じコア構成を持っているのにVRAMデザインが大きく異なることです。AMDは、既存のPolarisカードの3つすべて、RX 570、RX 580、RX 590をこれらのNavi 14ベースの製品に置き換えることができます。

比較のために、Radeon RX 570にはNeweggで$ 130- $ 140 USでいくつかの種類があり、RX 580では$ 180- $ 190 USでいくつかの種類があります。Radeon RX 590の一部のモデルは200ドルで入手できます。発売当初より良い価格です。これらのPolarisモデルを打ち負かすには、Navi 14ベースのラインナップを非常に積極的に価格設定するか、メインストリームユーザーにとって確実な取引にするためにはるかに優れたパフォーマンスを提供する必要があります。注意すべきことの1つは、新しい7nmベースの効率レバレッジにより、Navi 14 GPUは間違いなくPolarisと比較してワットあたりのパフォーマンスが高いことです。

Graphics CardRadeon RX 5800 SeriesRadeon RX 5700 SeriesRadeon RX 5600 Series
GPU Architecture7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)
GPUNavi 12Navi 10Navi 14
Stream ProcessorsTBA2560 SPs1536 SPs
TMUs / ROPsTBA160 / 64TBA
VRAMTBA8 GB GDDR6TBA
Bus Interface256-bit?256-bit128-bit?
BandwidthTBA448 GB/sTBA