AMD Radeon RX590発表

AMDは11月15日、Radeon RX 590を発表しました。Radeon RX 590は12nmプロセスの「Polaris」を採用、Compute Unitは36基、StreamProcessorは2304基です。周波数はBase 1469MHz / Boost 1545MHzで単精度浮動小数点演算性能は7.1TFlopsです。GDDR5 8GBを搭載し、帯域は256GB/s、消費電力は225W。

https://www.amd.com/ja/products/graphics/radeon-rx-590

 RX 590RX 580RX 570
GPUコアPolaris 30Polaris 20
製造プロセス12nm FinFET14nm FinFET
Compute unit363632
StreamProcessor230423042048
TMU144144128
ROP323232
コアBase1469MHz1257MHz1168MHz
周波数Boost1545MHz1340MHz1244MHz
搭載メモリGDDR5 8GBGDDR5 8GB, 4GBGDDR5 4GB
メモリ周波数2000MHz(8.0Gbps)2000MHz(8.0Gbps)1750MHz(7.0Gbps)
メモリインターフェース256-bit256-bit256-bit
消費電力225W185W150W

「Polaris 30」と呼ばれてきた12nmプロセスの「Polaris」をベースとしています。プロセスを除いたコアの仕様は「Polaris 10/20」と同一です。12nmプロセスへの移行に伴い、周波数が向上しており、その分の性能が向上。各メディアのレビューも非常にわかりやすい傾向でした。Radeon RX 580比で10%強の性能が向上、GeForce GTX 1060 6GBを多くの場面で上回る性能となっています。しかし、一方でLoad時の消費電力がRadeon RX 580比で30Wほど増加しています。12nmプロセスに移行した分をほぼ周波数に振って、8-pin×1で収まるギリギリまで攻めた格好のようです。

 

関連記事