NVIDIA GeForce GTX1180?! について

NVIDIAは今年後半(7月頃と噂)に、2年間続いてきた「Pascal」の後継となるGeForce GTX seriesを発表しますね。新しいGeForce GTXは「Turing」と呼ばれるGPUアーキテクチャとの事、しかし、詳細はまだ明らかになっていない。様々な情報をから精査すると、「Turing」には、GDDR6を採用し、TSMC 12nmプロセスを採用する可能性がある、ここまでです。「Turing」世代のGeForce GTXはGeForce GTX 11 seriesになり、型番が1100番台ということ。GeForce GTX 1080の後継は、GeForce GTX 1180で、GP104の後継となるGT104と呼ばれるコアを採用するみたいである。

GeForce
GTX 1180 GTX 1080
コア・プロセス GT104 12nm GP104 16nm
SM 28 20
CUDA core数   3584 2560
TMU 224 160
ROP 64 64
コア周波数 Base 1600MHz 1607MHz
Boost 1800MHz 1733MHz
搭載メモリ GDDR6 8-16GB GDDR5X 8GB
メモリ速度 16Gbps 10Gbps
メモリインターフェース 256-bit 256-bit
メモリ帯域 512GB/s 320GB/s
TDP 170-200W 180W
8-pin×1

CUDA core数がGTX 1080(2560)からGTX 1180では1.4倍の3584に大幅増加しているのが注目されます。製造プロセスはTSMC 16nmから同12nmに移行するが、ダイサイズの増加は避けられなかったようで、GP104の314mm2に対し、GT104では400mm2前後になるとの噂である。メモリも大きく変更される、10GbpsのGDDR5Xから16GbpsのGDDR6になり、帯域は1.6倍で、最大容量は16GB。これらの改良により、GeForce GTX 1180の性能はGeForce GTX 1080 Tiを上まわる事に間違いない状況です。
「Turing」も従来通りであれば、同じくGT104を使用しながら一部を無効化したGeForce GTX 1170がGTX 1180と同時に販売され
しばらく後にGT104の下位のコアとなるGT106を使用したGeForce GTX 1160が販売されると思われます。また、上位コアとしてGT102の存在も噂されており、こちらはGeForce GTX 1180 Ti(9月頃?)となるようです。

関連記事