AMD Radeon RX 7900XTフラッグシップRDNA3グラフィックスカードは約100TFLOPに到達し、Navi31 GPU周波数は3GHz超え

AMD Radeon RX 7900XTは、Greymon55の最新の噂で、まったく異なるRDNA 3 Navi31 GPU搭載の獣であることが判明しています。リーカーは、新しい情報に基づいて、AMDが以前に予想されていたよりもはるかに強力な設計を作成したと報告しました。

AMD Radeon RX 7900XT、フラッグシップRDNA 3 Navi 31 GPU搭載グラフィックスカードは、3GHzを超えるクロック速度とほぼ100TFLOPのパフォーマンスを提供

過去数日間、Linuxオペレーティングシステムのドライバーと開発ツール内のLLVMプロジェクト内に出現し始めたAMD RDNA 3(GFX11)GPUがいくつか目撃されています。AMDは現在少なくとも4つの新しいGPUに取り組んでいるようですが、IDリークによって次のように確認されています(クレジット:@ Kepler_L2):

  • GFX(1100)-Navi31GPUの可能性
  • GFX(1101)-Navi32GPUの可能性
  • GFX(1102)-Navi33GPUの可能性
  • GFX(1103)-フェニックスAPUの可能性

これらのIDは、仕様や構成などの多くの情報を明らかにしませんが、予備サポートが追加されていることを示しており、まもなく、これらのGPUは、最適化されたパフォーマンスの提供のためにそれぞれのプラットフォーム内でテストを開始します。しかし、このトピックはリークされたIDに関するものではなく、Radeon RX 7900シリーズカードに電力を供給する主力製品であるRDNA 3 GPUであるNavi 31を取り巻く最新の噂に関するものです。

Greymon55からの最新の噂によると、クロック速度は2.5GHzから現在は3GHzの周波数マークを超えて安定しているように大幅に向上しているようです。これが意味するのは、15360ストリームプロセッサを搭載したフラッグシップチップが、ほぼ100.0 TFLOPのFP32コンピューティングパフォーマンス(正確には92 TFLOP)を提供できるということです。これは、OC制限を追加せずに、すでに達しつつある100TFLOPの障壁に確実に近づくのに役立ちます。

しかし、NVIDIAがGeForce RTX 40シリーズのAda Lovelace GPUアーキテクチャに大きな変更を加えたという最近の報告も考慮されているようです。リーク担当者は、Ada Lovelaceのフラッグシップが100 TFLOPS GPUに最初に超えるだけではないと予想しています。調整を計算しつつ、AMDのRDNA 3と同様のクロックレートを提供します。これは、Samsungの8nmからTSMC N5プロセス(5nm)に基づいて最適化された製品であるTSMCの最先端の4Nノードに切り替えた成果である可能性があります。

Radeon RX 7900シリーズ用AMD RDNA 3 Navi 31 GPU

フラッグシップRDNA3チップであるAMD Navi 31 GPUは、Radeon RX 7900XTグラフィックスカードなどの次世代のコアユーザーのカードに電力を供給します。AMDは次世代のRDNA 3 GPUでWGP(Work Group Processors)を優先してCU(Compute Units)を廃止すると聞いています。各WGPはデュアルCU(Compute Units)を格納しますが、RDNA 2内の各CUに2つしかないのに対し、SIMD32クラスターは2つあります。

ここに示すNavi 31 GPU構成は、2つのGCD(Graphics Core Die)と1つのMCD(Multi-Cache Die)を備えています。各GCDには3つのシェーダーエンジン(合計6つ)があり、各シェーダーエンジンには2つのシェーダーアレイ(SEごとに2つ/ GCDごとに6つ/合計12つ)があります。各シェーダーアレイは5つのWGP(SEごとに10 /GCDごとに30/合計60)で構成され、各WGPは32のALUを備えた8つのSIMD32ユニット(SAごとに40 SIMD32 /SEごとに80/GCDごとに240/合計480)を備えています。これらのSIMD32ユニットを組み合わせると、GCDあたり7,680コア、合計で15,360コアになります。

Navi 31(RDNA 3)MCDは、次世代のInfinity Fabric相互接続を介してデュアルGCDにリンクされ、256〜512MBのInfinityキャッシュを備え、各GPUは、4つのメモリ接続リンク(32ビット)も備えています。これは、256ビットバスインターフェイス用の合計8つの32ビットメモリコントローラーです。

フラッグシップのNavi 31 GPUでの3Dスタッキングについての噂もあり、現在、発表は2022年第4四半期後半に予定されていますが、実際に入手可能な発売は2023年第1四半期から始まる可能性があります。

Upcoming Flagship AMD Intel NVIDIA GPU Specs Preliminary

GPU NameAD102Navi 31Xe2-HPG
CodenameAda LovelaceRDNA 3Battlemage
Flagship SKUGeForce RTX 4090 SeriesRadeon RX 7900 SeriesArc B900 Series
GPU ProcessTSMC 4NTSMC 5nm+ TSMC 6nmTSCM 5nm?
GPU PackageMonolithicMCD (Multi-Chiplet Die)MCM (Multi-Chiplet Module)
GPU DiesMono x 12 x GCD + 4 x MCD + 1 x IODQuad-Tile (tGPU)
GPU Mega Clusters12 GPCs (Graphics Processing Clusters)6 Shader Engines10 Render Slices
GPU Super Clusters72 TPC (Texture Processing Clusters)30 WGPs (Per MCD) 60 WGPs (In Total)40 Xe-Cores (Per Tile) 160 Xe-Cores (Total)
GPU Clusters144 Stream Multiprocessors (SM)120 Compute Units (CU) 240 Compute Units (in total)1280 Xe VE (Per Tile) 5120 Xe VE (In Total)
Cores (Per Die)18432 CUDA Cores7680 SPs (Per GCD) 15360 SPs (In Total)20480 ALUs (In Total)
Peak Clock~2.85 GHz~3.0 GHzTBD
FP32 Compute~105 TFLOPs~92 TFLOPsTBD
Memory TypeGDDR6XGDDR6GDDR6?
Memory Capacity24 GB32 GBTBD
Memory Bus384-bit256-bitTBD
Memory Speeds~21 Gbps~18 GbpsTBD
Cache Subsystems96 MB L2 Cache512 MB (Infinity Cache)TBD
TBP~600W~500WTBD
LaunchQ4 2022Q4 20222023

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)