AMD RDNA2リフレッシュ Radeon RX 6950XT、RX 6750XT、RX 6650XTについて

AMDは、2020年の終わりにRDNA2デスクトップグラフィックスカードのRadeon RX6000シリーズを発売しました。このラインナップにより、AMDは、NVIDIA RTX 30シリーズのラインナップと同等に、そして、ものによってはさらに高速になりました。現在2022年春に、AMDはRDNA2グラフィックカードのラインナップを新しいシリーズのカードで刷新することを計画しています。

RDNA2リフレッシュ「Radeon RX6X50XT」として知られる新しいグラフィックカードのラインナップは、同様のGPUデザインを利用しますが、新しいデザインとより高速なメモリクロック速度で発売されます。本日は、AMDのRDNA2リフレッシュグラフィックスカードのラインナップに期待できることの概要を説明します。

AMD RDNA2デスクトップGPUリフレッシュ Radeon RX6000 3兄弟

AMD Radeon RX6000の「RDNA2 Refresh」のラインナップには3つのフレーバーがあります。これらには、Radeon RX 6950XT、Radeon RX 6750XT、およびRadeon RX6650XTが含まれます。これらのグラフィックカードは、既存のラインナップを正式に置き換えるものではなく、現在のカードが存在する場所からさらに一歩進んだものです。これらのグラフィックカードの最初の外観は、Videocardzによって報告されました。

AMD Radeon RX 6950XTはRadeonRX 6900 XTの上に配置され、Radeon RX 6750XTはRadeonRX 6700XTの上に配置され、Radeon RX 6650XTはRadeon RX 6600XTの上に配置されます。これは、AMD独自のNVIDIAでいうところの「SUPER」リフレッシュと考えてください。ただし、メジャーアップグレードはありません。このラインナップにより、5〜10%のパフォーマンス向上が見込まれ、これらのパフォーマンス目標を達成するためにメモリが大きな役割を果たします。

  • AMD Radeon RX 6950XT
  • AMD Radeon RX 6750XT
  • AMD Radeon RX 6650XT

次は、各グラフィックカード個々のスペックを見ていきます。

AMD Radeon RX 6950XT Navi21 XTXHパワードフラッグシップ

AMD Radeon RX 6950XTには、80個のコンピューティングユニットまたは5120個のSPを備えた完全に有効なダイ構成のNavi 21XTXH GPUが搭載されています。このカードは、256ビットバスインターフェイスを介して16GBのGDDR6メモリも備えています。グラフィックカードでレイトレーシングを有効にするための80個のレイアクセラレータもあります(コンピューティングユニットごとに1つのレイトレーシング)。グラフィックカードは、約300〜350WのTBPを備えています。

標準メモリに加えて、Radeon RX 6900XTグラフィックカードはGPUダイ上に128MBのインフィニティキャッシュも備えています。キャッシュは、1080pHDを超える解像度でより高いパフォーマンスを実現するために帯域幅を増やすのに役立ちます。128 MB Infinity Cacheは、標準の512 GB/s帯域幅を3.25倍に増やし、すべてのBigNavi GPUベースのカードで最大1.664TB/sの実効帯域幅を提供します。

現在、クロック速度については、さまざまなレポートがあります。新しいラインナップには18Gbps GDDR6メモリダイが搭載され、576 GB/sの有効帯域幅を提供することがわかっていますが、まだ確認できていないコアクロックがあります。Radeon RX 6950XTは2.5GHzを超えるブーストクロックを備えているという報告を聞いていますが、これは標準のRX 6900XTと比べて素晴らしい向上ですが、これが参照モデルに固有なのかカスタムモデルに固有なのかはわかりません。

グラフィックカードのデザインに関しては、2.5スロットクーラー、大容量のトリプルファン冷却ヒートシンク、および2つの8ピンコネクタによって提供される電力を備えた6800XT限定版と同じ「ミッドナイトブラック」フレーバーで出荷されます。

AMD Radeon RX6750XT 最速のNavi21メインストリーム

AMD Radeon RX 6750XTは、Navi 22 XT GPUを搭載し、2560ストリームプロセッサに相当する40のコンピューティングユニットを搭載します。グラフィックチップは、RDNA2ベースのGPUのレイトレーシング機能用に40個のレイアクセラレータも備えています。

グラフィックカードは、192ビットのバスインターフェイスとともに12GBのGDDR6メモリバッファを備えています。AMDは18Gbpsのダイを使用し、カードの合計帯域幅は432 GB/sになります。GPUはさらに96MBのInfinityキャッシュをパックします。GPUはGen4.0に完全に準拠します。TBPに関しては、カードは230-250Wのデザインを特徴とすることが期待されています。これは、消費電力の増加につながる、より高いクロックメモリダイの使用のみによるものです。GPUクロック速度に関しては、RX 6750XTが上記のRX6950XTと同じ「ブースト」処理を受けるかどうかを確認できません。

グラフィックカードは、デュアルスロットデザインと8+6ピンコネクタ構成によって提供される電力を備えた新しいトリプルファン「ミッドナイトブラック」リファレンスデザインを取得します。

AMD Radeon RX 6650 XT Navi 22 Powered Budget Delight

最後に、AMD Radeon RX 6600 XTグラフィックスカードがあります。これは、Navi 23 XT GPUを搭載し、237mm2のダイ内に110億6000万個のトランジスタが搭載されています。Navi 23 GPUは、合計2048個のストリームプロセッサを備えた32個のコンピューティングユニットを備えています。このカードは32MBのインフィニティキャッシュも備えており、128ビット幅のバスインターフェイス上で18Gbpsのピン速度で動作する8GBのGDDR6メモリ容量を備え、合計帯域幅は288GB/sです。

Radeon RX 6600XTと同様に、カードは単一の8ピンコネクタで動作し、TBPは約160〜180Wであると予想されます。GPUのブーストクロックを確認することはできず、既存の6600XTと同じままであるか、ブースト処理を受けることができます。グラフィックカードは、単一の8ピンコネクタ構成を通じて提供されるデュアルスロット設計と電力を備えた、まったく新しいデュアルファン「ミッドナイトブラック」リファレンスデザインです。

AMD Radeon RX 6000 Series RDNA 2 Graphics Card Lineup High

Graphics CardAMD Radeon RX 6800AMD Radeon RX 6800 XTAMD Radeon RX 6900 XTAMD Radeon RX 6900 XT Liquid CooledAMD Radeon RX 6900 XTX
GPUNavi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
Process Node7nm7nm7nm7nm7nm
Die Size520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
Transistors26.8 Billion26.8 Billion26.8 Billion26.8 Billion26.8 Billion
Compute Units6072808080
Stream Processors38404608512051205120
TMUs/ROPs240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
Game Clock1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHzTBA
Boost Clock2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
Memory Size16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache16 GB GDDR6 +128 MB Infinity Cache
Memory Bus256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
Memory Clock16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
Bandwidth512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP250W300W300W330W330W
Price$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

AMD RDNA2デスクトップGPU Radeon RX6000リフレッシュのパフォーマンス

リリースされていないハードウェアのパフォーマンスを評価することは常に困難な作業であり、Radeon RX6000シリーズの場合も同じです。ただし、クロックと帯域幅の数値に基づいて、パフォーマンスがどこに到達するかについてのヒントを推定することができます。比較すると、現在のNavi 21XTおよびXTXHチップの基準ブーストクロックは2250MHzであり、Gigabyte AORUS RX 6900 XT Xtreme Water Force WBやASUS ROG STRIX LC RX 6900XTゲーミングトップなどのカスタム製品はごくわずかです。 2.5 GHz(正確には2525 MHz)を超えるブーストクロックをヒットします。より高いクロック速度を追加すると、FP32馬力の26 TFLOPを超える結果が得られ、既存のモデルよりもTFLOPを3増加します。

RDNA 2 Refresh Navi 21 XTXH GPUでいくつかの最適化を行ったAMD Radeon RX 6950XTが2.5GHzを超える基準ブーストクロックに達する可能性がある場合、同じチップのカスタムモデルがさらに高いブーストクロックを提供することが期待できます。現在のカスタムは、リファレンス仕様に対して+ 250〜 + 300 MHzでクロックされているため、同じ数値を使用すると、新しいモデルから2.8または2.9GHzが期待できます。これは、今後のラインナップでも噂されている18 Gbpsのメモリダイと組み合わせると、パフォーマンスが大幅に向上することがわかります。ただし、消費電力が高くなるという犠牲を払うことになります。したがって、フラッグシップモデルのTBPは350Wになります。

つまり、全体として、メモリ帯域幅が12%増加し、クロック速度が13%増加します。3枚のカードすべてでこのような改善が見込める場合、各セグメントで最大10%のパフォーマンスを確実に得ることができます。

  • Radeon RX 6950 XT vs RX 6900 XT -576 GB / s vs 512 GB / s(+ 12.5%改善)
  • Radeon RX 6750 XT vs RX 6700 XT -432 GB / s vs 384 GB / s(+ 12.5%改善)
  • Radeon RX 6650 XT vs RX 6600 XT -288 GB / s vs 256 GB / s(+ 12.5%改善)

AMD RDNA2デスクトップGPU Radeon RX6000リフレッシュの価格と可用性

新しいAMD Radeon RX6000リフレッシュカードにもわずかな価格差があります。グラフィックカードは、以前は4月20日に発売される予定でしたが、その後、その日付は5月10日に移動されました。今月の20日にまだ発表されるものの5月まで小売りが可能になるとは期待していません。

価格については、Moore’s Law is Deadで報告されているように、3枚のグラフィックカードに希望小売価格があり、かなりの量になります。これらのカードは、リファレンスの「ミッドナイトブラック」カードフレーバーで起動するだけでなく、カスタム製品も用意されます。既存の価格に基づくと、RX 6950XTはUSD$1000をわずかに超える価格で、RX 6750XTはUSD$500で、RX6650XTはUSD$400の小売価格に達する可能性があります。既存モデルの価格は変更されません。

  • Radeon RX 6950 XT vs RX 6900 XT- USD$ 1000 + vs USD$ 999 MSRP
  • Radeon RX 6750 XT vs RX 6700XT -USD$499 vs USD$479 MSRP
  • Radeon RX 6650 XT vs RX 6600XT -USD$399 vs USD$379 MSRP

これらのGPUは、数か月以内に発売されるIntelのハイエンドARC Alchemist GPUと競合しますが 、Radeon RX 6950 XTの主力製品は 、最近導入されたNVIDIAのRTX3090Tiグラフィックスカードを明確に対象としています。Radeon RX 7000の「RDNA3」の発売が今年の終わりまでに計画されていることを考慮して、これらのGPUを誰が購入するのかという疑問が残りますが…。

AMDは、発売時にRX 6000シリーズカードを入手したいと思っていたが、多くの供給と価格の問題のために入手できなかったユーザーに注目しているようです。グラフィックカードをさらに6〜7か月待つのではなく、ユーザーはアップグレードされたRX 6000カードを入手でき、パフォーマンスがわずかに向上し、価格がわずかに高くなります。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)