AMD Radeon RX 7950 XT RDNA3 グラフィックカードの仕様は、15360コア、32 GBメモリ、最大2.5GHzで512MBインフィニティキャッシュを搭載しTBP500W?!

AMD Radeon RX 7950 XTの「RDNA3」グラフィックカードの仕様は、Greymon55によってリークされました。新しい仕様は以前に確認したことと一致していますが、AMDは来たるRadeon RX7000シリーズファミリに複数のNavi 31 SKUを導入することを計画しているようです。

AMD Radeon RX7950XTはRDNA3 15360コア、512MBインフィニティキャッシュを備えた大容量の32GBメモリ、TBP500Wで最大2.5GHzのクロック

AMD RDNA3ベースのNavi31 GPUは、しばらくの間精査されてきました。噂やリークを通じてこのGPUについて多くのことを知っているのは非常識です。これは、詳細を投稿しているリーカーと情報源が以前の情報ドロップに基づいて非常に信頼できるものの、このすべての情報はあくまで噂であると考える必要があります。

https://twitter.com/greymon55/status/1509766399803109381

そこで、AMD Navi 31 GPUから始めます。これは、次世代のRadeon RX7900XTグラフィックスカードに電力を供給するフラッグシップRDNA3チップです。Olrak29_は、Twitterに浮かんできたすべての噂に基づいて、チップのブロック図を作成することができました。AMDは、次世代のRDNA 3 GPUでWGP(Work Group Processors)を優先してCU(Compute Units)を廃止すると聞いています。

ここに示すNavi31 GPU構成は、2つのGCD(Graphics Core Die)と1つのMCD(Multi-Cache Die)を備えています。各GCDには3つのシェーダーエンジン(合計6つ)があり、各シェーダーエンジンには2つのシェーダーアレイ(SEごとに2つ/ GCDごとに6つ/合計12つ)があります。各シェーダーアレイは5つのWGP(SEごとに10 /GCDごとに30/合計60)で構成され、各WGPは32のALUを備えた8つのSIMD32ユニット(SAごとに40 SIMD32 /SEごとに80/GCDごとに240/合計480)を備えています。これらのSIMD32ユニットを組み合わせると、GCDあたり7,680コア、合計で15,360コアになります。

A preliminary block diagram of AMD’s next-gen RDNA 3 based Navi 31 GPU that will power the flagship Radeon RX 7900 XT graphics card. (Image Credits: Orlak)

Navi 31(RDNA 3)MCDは、次世代のInfinity Fabric相互接続を介してデュアルGCDにリンクされ、256〜512MBのInfinityキャッシュを備えています。各GPUは、4つのメモリ接続リンク(32ビット)も備えている必要があります。これは、256ビットバスインターフェイス用の合計8つの32ビットメモリコントローラーです。

AMD Radeon RX 7950XT RDNA3 グラフィックカードの仕様

したがってリークされた情報に基づいて、Radeon RX7000シリーズラインナップ内のフラッグシップグラフィックスカードであるAMD Radeon RX7950XTは、フラッグシップNavi 31 GPU構成を利用し、2.5GHzでクロックインされる合計15360ストリームプロセッサを搭載します。これが最大クロック速度であるかどうかはわかりませんが、Radeon RX6900XTよりも最大クロックが11%向上し、38.4TFLOPの有効なFP32計算馬力を実現します。これは、RX6900XTよりも計算が67%向上しています。このカードは、6900 XTよりも200W高いTBPを備え、500WのTBP定格で、67%も増加します。

メモリ構成に関しては、AMD Radeon RX 7950 XTは、現在の主力製品の16GBに対して32GBで2倍のメモリ容量を備えていると予想されます。カードは256ビットのメモリバスインターフェイスを保持しますが、より高速な(21 Gbps)GDDR6ダイにより、AMDは512 GB / sの内部帯域幅(最大672 GB / s)を超える可能性があります。Infinity Cacheの設計に関しては、Navi31 GPUに搭載された512MBでも2倍になります。これらの仕様は確かに巨大で、NVIDIAのGeForce RTX40シリーズ AdaLovelaceラインナップに取り組むのに十分です。

私が付け加えたかったもう1つのことは、AMDが新しい16ピン(12 + 4)コネクタ規格をすぐに、または少なくともRadeon RX7000シリーズグラフィックスカードに採用する予定はないと私たち自身の情報源から聞いたことです。理由は、AMDはまだ安定していないと信じているが、7000シリーズのAMDの設計は標準の導入前に完了したようだということです。

AMD RDNA GPU (Generational Comparison) Preliminary.xlsx

GPU NameNavi 10Navi 21Navi 31
GPU Process7nm7nm5nm (6nm?)
GPU PackageMonolithicMonolithicMCD (Multi-Chiplet Die)
Shader Engines246
GPU WGPs204030 (Per MCD) 60 (In Total)
SPs Per WGP128128256
Compute Units (Per Die)4080120 (per MCD) 240 (in total)
Cores (Per Die)256051207680
Cores (Total)2560512015360 (2 x MCD)
Peak Clock1905 MHz2250 MHz2500 MHz
FP32 Compute9.72338.4
Memory Bus256-bit256-bit256-bit
Memory TypeGDDR6GDDR6GDDR6
Memory Capacity8 GB16 GB32 GB
Infinity CacheN/A128 MB512 MB
Flagship SKURadeon RX 5700 XTRadeon RX 6900 XTXRadeon RX 7950 XT
TBP225W330W500W
LaunchQ3 2019Q4 2020Q4 2022

AMD RDNA 3 Navi 3X GPUを搭載したRadeon RXグラフィックスカードのラインナップは、既存のRDNA 2製品の最大3倍のパフォーマンス向上を提供することが期待されています。これはグラフィックスの進化に大きな飛躍をもたらすでしょう。AMDはすでにFSR2.0やレイトレーシングなどの次世代テクノロジーを採用しているため、ブルーチームがプレーしようとしている間、赤チームと緑チームの間で非常に激しい次世代競争が予想されます。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)