AMD Radeon RX 6500XT用のNavi 24 GPUは、主にPCIe Gen4をサポートするラップトップ向けに設計された

AMDは最近、非常に人気のないRadeon RX 6500XTをリリースしました。これは、低コストでパフォーマンスの低い消費者を驚かせます。グラフィックスを適切にエンコードできない、PCIeレーンの数が制限されているなどの発見により、AMDはグラフィックスカードの中で最悪のリリースの1つと認識しています。

AMDの顧客は、Radeon RX 6500XTについて批判のチャイムを鳴らし続けています

AMDは、Radeon RX 6500 XTを低コスト(USD$199)で発表しました。また、北米市場以外では入手が制限されています。しかし、ゲーマーや愛好家の低コストとグラフィックカードの必要性のために、このカードはUSD$299を超える価格でかなり早く売り切れました。

AMD Radeon RX 6500 XTについて、機能の欠落やPCIe Gen3のパフォーマンスの低下などの問題が確認されました。PCIe Gen 4は、昨年から採用された新しいPCIe Expressテクノロジのです。ただし、旧来からPCIe 3.0テクノロジを使用しているユーザーは、最新のAMDカードを使用しているコンピュータのパフォーマンスが大幅に低下することを覚悟する必要があります。

AMD Ryzen 6000の「Rembrandt」シリーズAPUには、AV1エンコーディングのサポートに加えて、PCIe4.0とエンコーディングのサポートが付属しています。AMDはまた、PRO W6400、W6500M、W6300MカードなどのグラフィックチップのワークステーションラインでNavi 24GPUの利用に着手しました。3つのGPUは、同社のRembrandt Ryzen 6000 APUと並行してラップトップでグラフィックカードを利用することを意図しているため、H264、H265、およびAV1エンコーディング機能の機能を失います。

AMDのLinuxNPISWアーキテクトであるJohnBridgmanは、PhoronixのWebサイトのフォーラムで設立しました。

Navi24の主な用途は、完全なビデオ機能とGen4 PCIeを備えたRembrandt APUとペアになっているラップトップです。

私の印象では、Navi24で制限されていたのはエンコードであり、デコードではありませんでした。その制限が実際のものなのか、製品ページのタイプミスなのかはまだわかりません。しかし、決定的な答えを見つけようとしています。

マーケティングブログがRadeon RX 6500XT 4GBグラフィックスカードを2022年の発売時に本当に悪い評価を見せたのと同じくらい驚くことではありません。Radeon RX 6500XTグラフィックカードで考慮すべきいくつかの重要なポイントは次のとおりです。

  • 2022年にはわずか4GBのVRAM
  • 4つのPCIeレーンに限定(Gen 3プラットフォームでは大幅なパフォーマンス低下)
  • AV1デコードなし
  • H264 / H265エンコーディングなし
  • USD$199の希望小売価格も、AIBはUSD$339/ 299ユーロ以上の価格設定
  • 疑わしい可用性

AMDのRadeonRX 6500XTは、現在販売されています。同社は、今後数か月以内にRadeon PRO W6400Wを発売する予定です。AMDがRembrandtを搭載したシステムを発売し、来月からラップトップカテゴリのAMD Navi24グラフィックスカードが登場する見込みです。

(Source:wccftech)

関連記事