AMD Ryzen 7 5700G 8コア Cezanne Zen 3 デスクトップAPUが最大DDR4-5333MHzメモリでベンチマーク

(Source:wccftech)

AMD Ryzen 7 5700G 8 Core Cezanne Zen 3デスクトップAPUの新しいベンチマークが、Chiphellフォーラムでリークされました。ベンチマークを投稿したフォーラムのメンバーは、このAPUはまだエンジニアリングサンプルですが、ここで示したかなり高い周波数でDDR4メモリを起動できると述べています。

AMD Ryzen 7 5700 G8コアCezanne Zen 3デスクトップAPUは、DDR4メモリのオーバークロックに関してはRenoirと同じくらい大げさ

テストされたAMD Ryzen 7 5700G APUは、8コア/16スレッドを備え、7nm Zen 3コアアーキテクチャに基づき、AMDがVermeer(Ryzen 5000)ラインナップで使用しているチップレットデザインと比較して、モノリシックパッケージで提供されます。その他の仕様には、16 MB L3および4MB L2キャッシュ、4.6 GHzの最大クロック速度、および65WTDPが含まれます。CPUは、8コンピューティングユニット構成でRadeon Vegaグラフィックスも伝送します。Ryzen 7 5700G ES APUは、最近eBayにリストされ、いくつかのベンチマークがここで確認できます。AMD Ryzen 7 5700G Zen 3 CezanneデスクトップAPUは、いくつかの異なるDDR4メモリ構成でテストされました。テストプラットフォームは、印象的なメモリオーバークロック機能で知られるMSI MEG B550Unify-Xマザーボードを使用し、デュアルチャネル構成で、合計16GBのメモリが使用されました。

以前に報告されたように、FCLKは最大2.5GHzに達すると述べられています。最初の起動は、CL14-15-15-28タイミングのDDR4-4333構成で行われました。その後、CL16-17-17-36のタイミングでDDR4-5000MHzにプッシュされました。最後に、ユーザーはDDR4-5333(CL18-24-24-46)MHz構成でメモリ書き込みテストを実行しましたが、AMDプラットフォームで長時間実行し続けませんでした。

同期されたFCLKにより、リーカーは2367MHzのインフィニティクロック速度を得ることができました。最初のテストはDDR4-4733(CL14-14-14-28)メモリ構成で行われ、AIDA64キャッシュとメモリベンチマークは、44.4nsという低い遅延でかなり良い数値を報告しました。同じDDR4メモリでのわずかに緩いタイミングにより、45.8nsのわずかに高い遅延が発生しました。

全体的に、これらは明確に改善され、今後のAMD Ryzen 7 5700G CezanneデスクトップAPUは、いくつかの非常に印象的な結果で示されたRenoir APU同様、小売サンプルの出荷が開始されて初めて、さらに良い結果が得られる事が期待できます。

関連記事