NVIDIA GeForce GPUマイニングハッシュレートリミッターをクラックするのは困難!!

(Source:wccftech)

NVIDIAは、GeForceラインのグラフィックカードに影響を与えている暗号通貨マイニングブームとその後の供給停止に対抗するために、かなり大きな発表を行いました。同社は、CMP(Crypto Mining Processor)バナーの下でGPUの専用ラインを発表しただけでなく、今後のGeForceグラフィックスカードについては、ハッシュレートを大幅に低下させて、鉱夫が株を掘り起こすのを防ぐことを明らかにしました。同社は現在、これらすべてがどのように機能するかについて、より多くの情報を提供しています。

NVIDIAがGeForce GPUに光を当てる暗号通貨マイニングNerf、今後のすべてのゲームカードがマイナーにとって不自由になる可能性

NVIDIAのBryan Del Rizzoによると、暗号通貨マイニングの弱点は単なるドライバーの制限以上のもののようです。多くの人々は、ソフトウェアドライバーがEtereumマイニングアルゴリズムの特定の属性を検出するように設計されていると述べられた昨日の発表からこれを想定しました。現在最も効率と利益率が高く、約50パーセントの割合でハッシュを制限する最も人気のあるアルゴリズムです。


NVIDIA GeForce RTX 3060がメインストリームセグメントを対象としていることと、RTX 3070と同等のマイニングパフォーマンスを提供することを示す初期のレポートを考慮すると、間違いなくマイニングの売れ筋になるでしょうが、それはつまり、発売時にカードを手に入れるために貯金をしていた多くのゲーマーは入手できない事になります。今回の新しい制限により、NVIDIAはマイナーをゲームカードからそらし、専用のCMPラインナップを提供します。ドライバーの話に戻ると、BDRは、ドライバーは制限の一部にすぎないと述べています。プロセス全体は、GPU、ドライバー、およびBIOS(ファームウェア)間の安全なハンドシェイクを通じて行われ、3つすべてが、ハッシュリミッターの削除を防ぎます。NVIDIAは、これでGeForce GPUを実行しているマイナーに取り組むのに十分であると確信していますが、同時に、VBIOSとドライバーの改造により、マイナーが再び制限を回避できる可能性があるため、これの全体的な有効性について確信が持てていません。

これらすべてに加えて、NVIDIA GeForce RTX3060はほんの始まりに過ぎないという噂が流れています。より多くのAmpereおよび将来のGeForce Gamingグラフィックカードがまもなくリストに追加される可能性があります。これは、既存のグラフィックカードで新しいドライバを使用するとハッシュレートが制限されるという意味ではありませんが、新しいSKUまたは新しいデバイスIDを持つ既存のグラフィックカードでも同様の制限が提供される可能性があります。PC内で実行されている既存のRTX 30シリーズカードは(新しいドライバーをインストールしても)この影響を受けませんが、IDまたはSKUの更新を受け取った新しいカードであればおそらく制限される可能性があります。つまり、すべてのGPUは、新しいものであれ、昨日の更新後に作成されたものであれ、再度テストおよび評価し確認する必要があります。

これは、GeForce RTX 3060で、すでにカードを実際に使用しているユーザーに見られます。YouTuberで小売業者のCryptoLeoは、GeForce RTX3060が数秒以内に機能しなくなる様子を示しています。カードのマイニングレートは、イーサリアムの41.5 MH / sから数分でわずか24MH / sになります。カードの新しいドライバーはまだリリースされていないことに注意してください。ただし、これは、マイニングアルゴリズムを非常に迅速に検出できるほど多くのソフトウェアが動作していることを示しています。ユーザーは同じマイニングリグでNVIDIA GeForce RTX 1080 Tiも実行していましたが、影響はありませんでした。これは、大規模なGPUマイニング操作ではなく、自分たちのために作られたGeForceグラフィックスカードをより多くのゲーマーが手に入れることができるため、NVIDIAにとって間違いなく正しい方向へ進んでいます。