.

Intel Core i9-11900、Core i7-11700K、Core i7-11700の 8コア Rocket Lake CPUがより高クロックなES品で再びリークされi9-11900KはRyzen 7 5800Xを撃破?!

(Source:wccftech)

Core i9-11900を含め、IntelのRocket LakeデスクトップのCPUは、Bilibili(経由Harukaze5719)で再リークされました。第11世代チップは依然としてESユニットですが、以前に見たES1と比較して2番目のES2であるため、はるかに高いクロック速度を示しています。

Intel Core i9-11900、Core i7-11700 Core i7-11700K 8コア Rocket LakeデスクトップCPUが再リーク

3つのCPUはすべて第11世代Rocket LakeデスクトップCPUファミリーの一部であり、8コア、16スレッド、16 MBのL3キャッシュ、および4MBのL2キャッシュの同じコア構成を備えています。ここでの違いは、それぞれのクロック速度とTDPです。Intel Core i9-11900KとCore i7-11700Kは、第11世代ファミリーで最速のOC CPUであり、125WのベースTDPと250WのPL2定格を揺るがします。Intel Core i9-11900およびCore i7-11700は、ベースTDP 65W およびPL2定格225Wの標準の非K SKUです。

Intel Core i9-11900 8コアRocket LakeデスクトップES2CPU

ここで報告されているIntel Core i9-11900 CPUサンプルには、「QVYE」コードネームがあり、ベータESチップです。CPUは、1.80 GHzのベースクロックと、4.5 GHz(1コア)および4.0 GHz(オールコア)の定格のブーストクロックで動作します。このチップのクロック速度はES1品「QV1J」と同じですが、ES2品は実際には初期のCPUで発生した多くのバグを修正し、より高速で安定したクロック速度を維持します。リーカーは、CPUがPCIe Gen 4.0インターフェースに完全に準拠し、小売チップが市場に出たときにB560マザーボードでのメモリオーバークロックとXMPサポートもサポートすると報告しています。興味深いことに、パフォーマンスは5.0〜5.1 GHz 8コアCPUのCore i9-9900KおよびCore i7-10700Kと同等であると言われています。

Intel Core i7-11700K8コアRocketLakeデスクトップES2CPU

Intel Core i7-11700K CPUは「QV1K」コードネームを備え、3.40GHzベースと4.80GHz(1コア)および4.30 GHz(オールコア)ブーストのクロック速度を備えます。CPUのTDPは125Wですが、ブースト周波数では、PL2定格は250Wです。リーカーは、Core i9-11900Kが提供する5.3GHzブーストに近い最大5.0GHzブーストクロックで実行されているサンプルがあることを報告しています。CPUのストック構成での平均消費電力が160Wであると報告しています。

Intel Core i7-117008コアRocket LakeデスクトップES1CPU

ES1の「QV1J」ラベルの付いた状態のままのCore i7-11700があり、このCPUは1.80GHzのベースクロックです。ブーストクロックは4.4 GHz(1コア)および3.8 GHz(オールコア)です。CPUはES1では多くのバグがあり、PCIe Gen4.0をサポートすることさえできません。メモリもデフォルトの2133MHz速度にロックされており、それを超えることもできません。

CPUは、そのような低いクロック速度でもCore i9-9900Kに近づきます。これは、主に新しいCypress Coveアーキテクチャと、古いSkylake設計に対するIPCの改善によるものです。CPUの平均消費電力は120〜130 Wですが、AVX-512は最大150〜160Wまで上がります。

Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPU Lineup Specs(暫定)

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost Clock (1-Core)Boost Clock (All-Core)CacheGraphicsTDP (PL1)
Core i9-11900K8/163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i9-119008/161.80 GHz4.40 GHz3.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i9-11900T8/16TBCTBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i7-11700K8/16TBC5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i7-117008/162.50 GHz4.90 GHzTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i7-11700T8/16TBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-11600K6/12TBC4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i5-116006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11600T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-115006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11500T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-114006/122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)65W
Core i5-11400T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)35W

Intel Core i9-11900K 8 コア Rocket LakeデスクトップCPUのベンチマーク

Intel ES Rocket Lake CPUリークに加えて、Chiphellフォーラムのメンバーは、Core i9-11900K(認定サンプル)のパフォーマンスベンチマークを投稿しました。CPU-z、Cinebench R23、CinebenchR20などのさまざまなシングルスレッドベンチマークでテストされました。以下は、Harukaze5719&3DCenterによる結果です。

これらはベンチマークとされているだけで、しかもES品です。しかし、それらが本物に近いものであれば、Core i9-11900Kは、少なくとも印象的な素晴らしいCPUのようです。

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットのサポートを特徴としています。400シリーズのマザーボードの一部では利用可能になるようですが、Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズマザーボードと同時に発売されハイエンドSKUは500シリーズの利用を推奨されるようです。特にPCIe Gen 4.0がZ490の卓越した機能であることを考えると、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されています。 Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用した場合にのみ有効になるマザーボードです。

IntelのRocket LakeデスクトップCPUの主な機能

  • 新しいプロセッサコアアーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックアーキテクチャ
  • DDR4速度の向上
  • CPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張ディスプレイ(統合HDMI 2.0、HBR3)
  • x4 CPU PCIeレーンを追加=合計20個のCPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張メディア(12ビットAV1 / HVEC、E2E圧縮)
  • CPU接続ストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USBオーディオオフロード
  • 統合されたCNViとWireless-AX
  • 統合USB 3.2 Gen 2×2(20G)
  • 2.5GbイーサネットディスクリートLAN
  • DIscrete Intel Thunderbolt 4(USB4準拠)

Rocket Lake CPUのアーキテクチャは、Sunny Cove設計とWillow Cove設計のハイブリッドであると言われていますが、Xe Gen 12 GPUアーキテクチャが特徴です。また、Thunderbolt 4.0をサポートするZ590マザーボードシリーズは今年後半に発表される予定であり、Intelが第11世代のTiger Lakeモビリティファミリーをリリースしたら、Rocket LakeのCPUに関する詳細情報が続々出てくるでしょう。