AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、Ryzen 5 3600XT Matisse Refresh CPUベンチマークがリーク

(Source:wccftech)

Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、Ryzen 5 3600XTを含むAMDのMatisse Refresh CPUが再びベンチマークされ、今回はGeekbenchで更新されたラインナップのシングルコアとマルチコアの両方のパフォーマンス結果を確認できました。

AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、Ryzen 5 3600XT Matisse Refresh CPUベンチマークがリーク

AMD は数週間前にRyzen 3000XTの「Matisse Refresh」ラインナップを正式に発表しました。このラインナップは、7nm Zen 2アーキテクチャーに基づく3つのプロセッサで構成されていますが、Ryzen 3000Xシリーズの兄弟よりも高いブーストクロックを可能にするわずかに強化されたデザインを備えています。発売は7月7日に予定されていますが、レビューは発売日に公開される予定なので、ユーザーは新しいプロセッサを購入する価値があるかどうかを待つ必要があります。


以前にいくつかのパフォーマンスベンチマークリークが見られましたが、最新のシングルコアおよびマルチコアテストがTUM_APISAKによってGeekbenchデータベース内で見つかりました。同じプラットフォーム上の各CPUのベンチマークがあるため、パフォーマンスは信憑性のあるものと考えられます。テストセットアップは、Gigabyte X570 AORUSマスターマザーボードと64 GBのDDR4-3200メモリです。

パフォーマンスに関しては、シングルコアとマルチコアのパフォーマンス結果が1つの図にまとめられています。まず、メモリ速度が遅い場合、Matisse Refreshプラットフォームでのパフォーマンス出力が低下します。TUM_APISAKは、16 GBのDDR4-3600メモリを搭載した同じX570 AORUS Masterマザーボードを搭載したシステムで動作するRyzen 9 3900XTのスコアも共有しました。こちらでもDDR4-3200よりもパフォーマンスが遅くなりました。ベンチマークを要約すると、3つのパーツすべてがシングルコアCPUベンチマークの1400ポイントマークに近づきます。Ryzen 5 3600XTは少し遅いものですが、Ryzen 9 3900XTおよびRyzen 9 3800XTの105W TDPと比較してTDPが95Wとわずかに低いためと考えられます。マルチコアCPUパフォーマンスでは、Ryzen 5 3600XTは最大7914ポイントを獲得し、Ryzen 5 3600Xは平均で約7500-7600ポイントのマルチコアスコアを備え、100 MHzのブーストから5%のパフォーマンス向上を示します。

Ryzen 7 3800XTのスコアは9795ポイントであり、これはRyzen 5 3600XTと比べて約25%増加し、Ryzen 7 3800XTと比較して平均で約9000ポイントの8%のパフォーマンス向上です。同様に、Ryzen 9 3900XTのスコアは12970ポイントで、コアとスレッドが2倍のRyzen 7 3800XTと比べて最大32%増加し、Ryzen 5 3600XTと比べて約65%増加しています。Ryzen 9 3900XTは、同じベンチマークで約12300〜12500ポイントを獲得するRyzen 9 3900Xよりも約5%高速です。

AMD Ryzen 9 3900XT-4.7 GHzで12コア、499米ドル

AMD Ryzen 9 3900XTは、12コアと24スレッドを特徴とする最速のXTパーツです。AMDがRyzen 9 3950XTバリアントをリリースしないのは驚くべきことですが、これは、チップが事前にビニングされたZen 2ダイに依存しており、その特定のチップに改善の余地がないためです。AMD Ryzen 9 3900XTはさらに、70Wの完全なキャッシュを105WのTDPでパックします。

AMD Ryzen 9 3900XTは、既存のRyzenの3.8 GHzのベースクロックと最大4.6 GHzのブーストクロックと比較して、3.8 GHzのベースクロックと最大4.7 GHz(シングルコア)のブーストクロックを特徴とすることが推奨されています。 9 3900X CPU。チップの価格は$ 499 USに保たれ、元のRyzen 9 3900Xはいくつかの小売店で約$ 400 USで購入できます。

AMD Ryzen 7 3800XT-4.7 GHzで8コア、399米ドル

Ryzen 7 3800XTはAMDの最速の8コアソリューションとなり、インテルCore i7-10700Kに直接取り組みます。このチップは8コアと16スレッドを提供しますが、ブーストクロックが増加します。ベースクロックは3.8 GHzで維持されますが、ブーストクロックはより高いパフォーマンスのために4.7 GHzに増加します。

クロック速度に加えて、チップはPCIe Gen 4.0機能を保持し、105W TDP設計で最大36 MBの合計キャッシュを提供します。AMDはRyzen 7 3800XTの価格を399 USドルに設定しました。これは3800XのMSRPと同じですが、世界中のほとんどすべての主要小売店で約300 USドルで購入できました。

AMD Ryzen 5 3600XT-4.5 GHzで6コア、249 米ドル

最後に、エントリーレベルのXTモデルであるRyzen 5 3600XTがあります。Ryzen 5 3600XTは、6コアと12スレッドのIntel Core i5-10600Kに対抗します。チップは、95ワットで合計35 MBのキャッシュをパックします。

Ryzen 5 3600XTは3.8 GHzベースと4.5 GHzブースト周波数を提供します。これは、在庫のRyzen 5 3600Xよりも明らかに改善されています。Intel Core i5-10600Kよりもわずかにクロックが低く、箱から出して非常に優れたIPCおよびマルチスレッドパフォーマンスを提供するため、AMDはメインストリーム市場でのポジションを取り戻す機会を得られます。ただし、市場がこれらの特定のCPUの価格にどのように反応するかは、特に、現在の非XTモデルが非常に安価でほぼ同一のパフォーマンスを持っていることを考えると、疑問に感じます。しかし、このCPUは後継品になり期待できるものと思います。

AMD Ryzen 3000 ‘Mattise Refresh’ Desktop CPU Family

CPU NameAMD Ryzen 5 3600XAMD Ryzen 5 3600XTAMD Ryzen 7 3800XAMD Ryzen 7 3800XTAMD Ryzen 9 3900XAMD Ryzen 9 3900XT
CPU Architecture7nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 27nm Zen 2
Cores/Threads6/126/128/168/1612/2412/24
Base Clock3.8 GHz3.8 GHz3.9 GHz3.9 GHz3.8 GHz3.8 GHz
Boost Clock4.4 GHz4.5 GHz4.5 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.7 GHz
L3 Cache32 MB32 MB32 MB32 MB64 MB64 MB
TDP95W95W105W105W105W105W
Launch201920202019202020192020
Price$249 US (MSRP) $219 US (Newegg)$249 US$399 US (MSRP) $328 US (Newegg)$399 US$499 US (MSRP) $419 US (Newegg)$499 US

AMD自身は、シングルスレッドのワークロードで平均パフォーマンスが4%向上する一方で、競合するチップよりも電力効率が40%向上していると主張しています。これらのプロセッサは、公式のMSRPよりも最大100ドルも大幅に値下げされた既存のRyzen Xシリーズファミリと一緒に機能することに注意が必要です。新しいCPUは、MSRPの価格をしばらくの間、Ryzen 9 3900XTは499ドル、Ryzen 7 3800XTは399ドル、Ryzen 5 3600XTは249 USドルです。

最後に、Zen 3ベースのRyzen 4000 Vermeerデスクトッププロセッサが今年後半にリリースされるので、既存の非常に安価なRyzen 3000XシリーズCPUを入手し、2020年第4四半期まで待って次世代チップを入手するという考え方もありだと思います。