NVIDIA RTX 3080 Time Spyベンチマークがリーク

(Source:wccftech)

不明なNVIDIA Ampere GPU(おそらくRTX 3080)は、HardwareLeaksの好意により、3DMark Time spyパフォーマンスがリークしました。ベンチマークはRTX 3080、3080 Ti / Super、またはRTX 3090のいずれかですが、RTX 3080であると信じる理由があります。ここに示されているゲームパフォーマンスは、前世代のフラッグシップから大幅なスペックアップをしています。NVIDIAが今年後半に、壮大なRTX 3000シリーズを発売します。

NVIDIA RTX 3080はTime SpyベンチマークスコアRTX 2080 Ti FEより31%高速

_rogameが投稿したベンチマークは、NVIDIAのAmpere GPUが、Kingpinの非常識な2.38 GHzクロックRTX 2080 Tiバリアントのすぐ下にあるTime Spyグラフィックテストで非常に印象的な18257ポイントを記録していることを示しています。従来のRTX 2080 TI FE製品は約13939ポイントで、Ampere GPUはこれより約31%高速です。疑問点は、私たちがどのリーク見ているものなのかです。NVIDIA RTX 3080、RTX 3080 Ti / SuperまたはRTX 3090のどれかです。私はこれがいくつかの理由でRTX 3090 / Titanではないことをかなり確信しています。

その理由を説明する前に、ベンチマークのログに記録された仕様を見てみましょう。GPUクロックは1935 MHzで検出され、メモリクロックは興味深いことにわずか6000 Mhzでした。カードが新品のGDDR6Xメモリを使用しているため、これはほぼ間違いなくソフトウェアによる読み違いです(実際の速度を得るには、通常、示されているメモリクロックに8を掛ける必要がありますが、これは明らかに誤りです)。これは、初期のエンジニアリングサンプルとパフォーマンスを示すものであり、リリースが近づくにつれて検出が向上する可能性があります。

それでは、今、私たちが見ているカードを推測してみましょう。NVIDIAは、発売時にGA102チップの3つの製品を発売する予定です。これらは、それぞれ10、12、24 GBのメモリを搭載し、RTX 3080、RTX 3080 Ti / Super / 3090、およびRTX 3090 / Titanカードを形成する可能性があります。NVIDIAがAmpereシリーズのカードでより小さなプロセスに移行することを考えると、パフォーマンスの飛躍的な向上が期待されます。

RTX 2080 Ti FEとLightning Zのスコアを取得し、それらのスコアを大まかに予測できる「3DMark Time Spy」変数を計算しました。既知の安定したブーストクロックを使用し(NVIDIAカードは通常、アドバタイズされたブースト速度よりもはるかに高いままです)、次の方程式を形成します= Core * CLock * 3DMark変数=スコア。1860MHzの既知の安定したブーストでのFEと1995 Mhzの既知の安定したブーストクロックでのLightning Zを使用すると、変数を解決して次の結果= 0.001729を得ることができます。

ここで、この世代とそれの間でIPCに関して賢明な変更は何もないと仮定した場合、クロック速度とスコアを使用してコア数を逆方向に解決でき、次の推定コア数5455に到達します。IPCの改善を追加することもできます。コア数が4546になるのは20%です。興味深いことに、これらのラフコア数はどちらもGA102のリーク構成に近く、SKU 10、20、30はそれぞれ4352、5248、5376です。AmpereでのIPCの改善がほぼ確実にあることを考えると、これはSKU 30またはトップエンドカードではないことはほぼ間違いありません。私の意見では、あなたが見ているのは、RTX 3080またはRTX 3080 TI / Super / 3090メインストリームフラグシップであり、3090 / Titan HEDTフラグシップではありません。言い換えると、確率の高い順にSKU10または一気にSKU20であり、おそらくSKU30ではありません。