長期間のNVIDIAのメインストリームGeForce GPUの1ドルあたりのパフォーマンスはAmpereでPascalのような特別なものがあるのか?!

(Source:wccftech)

NVIDIAのGeForceメインストリームラインナップのUSD$1あたりの世代ごとのパフォーマンスを示す興味深いグラフが、ユーザーHic-Stunt-LeonesによってNVIDIA subredditに投稿されました。このグラフは、GeForce 9600 GTから現在のGeForce RTX 2060までのものです。

NVIDIA Mainstream GeForce GPUのUSD$1あたりの世代別パフォーマンスは、何年にもわたって視覚化されています

メインストリームのカードは一般に、NVIDIAとAMDの両方のGPU販売の大部分を占めています。この大量販売セグメントは、ハイエンドカードと同じリターンが得られない場合でも、どちらの会社もシェア率を高めるのに役立ちます。AMDとNVIDIAは、過去10年間にこのセグメントでいくつかの競争力のある製品をリリースしてきました。たとえば、HD 5850、GTX 460、R9 270シリーズ、GTX 970、RX 500シリーズ、GTX 1060などのカードがあります。

消費者が評価するために最高のパフォーマンスを提供するグラフィックスカードメーカーに寄り添うという形は常に変化しています。それでは、メインストリームのNVIDIAカードが10年間でどのように機能しているか、そして今後のAmpere GeForce RTX 30シリーズの主流製品に何が期待できるかを見てみます。

詳細に入る前に、以下はOPからの情報の計算方法に関するメモです。

前述のとおり、パフォーマンスデータはTechPowerUpから取得しています。12年前から、このWebサイトの各レビューに記載されている「パフォーマンスの概要」セクションから参照しました。これは、いくつかのゲームでテストされた数十のGPU間の総合的な比較を示しています。もちろん、すべての値が単一のテーブルに表示されるわけではないため、1つのグラフから別のグラフに移行して、世代ごとの改善をすべて計算し、すべての結果を積み上げる必要があります。テストの解像度は可能な限り一定に保ちました。GPUは、GTX 460までは1900×1200、その後は常に1080pでテストしています。この比較では、新しいドライバーのリリースによりパフォーマンスの改善を考慮できないことは留意していただきたい。データは初期のレビューからのものです。

NVIDIAのメインストリームGeForce GPUの世代別パフォーマンス(USD$1あたり)

このグラフは、NVIDIAがUSD$200未満でGeForce 9800 GTを発表した2008年までさかのぼります。このカードは、AMD側との激しい競争により、GeForce 9600 GTを低価格で置き換えました。9600 GTがより低価格で9800 GTに置き換えられただけでなく、最初のカードがリリースされてからわずか5か月で置き換えられました。9800 GTのパフォーマンスは、残りのカードの基準値と見なされ、これがNVIDIAの主流セグメントの旅が実際に始まる場所です。

問題のある始まり(Telsa、Fermi)

GeForce 9800 GTの後には、GeForce GTX 260が続きました。GeForceGTX 260は、より優れたパフォーマンスを提供しましたが、USD$449という非常に高いプレミアムを提供しました。Telsa GPUアーキテクチャに基づく最初のメインストリームカードであるGeForce GTX 260の価格が高いため、ここでのUSD$1あたりのパフォーマンスはマイナスにスケーリングされます。AMD Radeon HD 5800シリーズグラフィックスカードに対して競争力のあるパフォーマンスを提供したのは、Fermi世代のGeForce GTX 460でした。

HD 5850とGTX 460の価格は同じで、パフォーマンスも同様ですが、GeForce GTX 460の大きな利点の1つはその効率です。GTX 460に搭載されているGF104 GPUは、GTX 480やGTX 470などの残りのGF100 Fermiベースのカードで使用されていたコンピューティングハードウェアを利用できなかったため、ハイエンドのFermi製品よりも低い温度と高い効率を実現します。競争よりも熱くなりすぎて、電力を消費しすぎました。GTX 460は、前モデルのGTX 260に比べて、USD$1あたりのパフォーマンスが2倍を超えています。GeForce GTX 460は、強化されたGF114 GPUを特徴とするGeForce GTX 560 Tiによって最終的に置き換えられます。コア数が多く、USD$ 20高くなりクロックが高速になったため、GTX 460よりもUSD$1値あたりのパフォーマンスが23.3%向上しました。AMDのHD 6800シリーズカードと競合するには、適当でしたが更新が必要でした。

ピーク効率(KeplerMaxwell

28 nm時代に入ります。KeplerとGCNは、GPUの最新かつ最高のアーキテクチャです。GeForce GTX 660 TiとHD 7800シリーズは互いに競合しましたが、NVIDIAはFermiとの過ちから学んだことで、Keplerを効率の良いものにしました。全体的な結果として、NVIDIAは効率性チャートを独占すると同時に、AMDのラインナップに対して競争力のあるグラフィックスパフォーマンスを提供しました。ただし、GTX 660 Tiの価格がUSD$299 に値上がりしたため、新しいグラフィックスアーキテクチャに切り替えても、USD$1あたりの全体的なパフォーマンスは低下しました。これは、NVIDIAがハイエンドおよびメインストリームカードで使用されるローエンドGPU SKUに切り替わったときと同じ世代です。GTX 680はG ** 00からG ** 04に移動し、GTX 660はG ** 04からG ** 06に移動しました。NVIDIAは、この構成を現在まで維持します。翌年のGeForce GTX 760は、より優れたパフォーマンスを提供しながら、USD$249という低価格でGTX 660 Tiを置き換えました。これにより、GTX 560 TiからGTX 660 Tiへの移行で見られたものよりも、USD$1あたりのパフォーマンスが大幅に向上しました。

Maxwellは、前世代から40.5%の仕様アップで、USD$1あたりのパフォーマンスに最大の改善の1つをもたらしました。これの主な推進力は、GTX 960のUSD$ 199と、Maxwellが屋根を吹き飛ばすほどの効率を提供したという事実でした。しかし、AMDは以前のGCN製品をはるかに低価格で提供することでペースを上げており、NVIDIAの新世代のカードが登場すると、NVIDIAはPascalをすべて使用する必要がありました。

FinFETの時代とその先(Pascal、Turing、Ampere)

GeForce GTX 1060は、10年間で最高のUSD$1あたりのパフォーマンスを実現し、前世代から最大53%のパフォーマンスを実現しました。この背後にある主な理由は、AMDのPolarisベースのRX 500シリーズ製品であり、これが競合することを意図していた。GeForce GTX 1060は、Steamのデータベースで最も使用されているグラフィックカードであり、毎月9000万人を超えるアクティブユーザーで構成され、日ごとに増加しています。RX 580の現在の市場シェアは2%ですが、GTX 1060は11%を超えています。マイニング需要の熱が冷めると使用済みカードが大量に流入し、低予算ゲーマーがバーゲン価格でそれらを購入するために群がりました。AMDのPolarisカードは、ドライバーのサポートが改善されたため、Pascal製品よりも優れていましたが、最終的には、これらのカードを使用したユーザーは、2社からより良いものにアップグレードしていました。

最後に、既存の世代のTuringカードがあり、10年以上にわたってUSD$1あたりのパフォーマンスが最小になっています。GeForce RTX 2060の現在の小売価格はUSD$300未満ですが、USD$349からです。これにより、PascalのUSD$1あたりのパフォーマンスが低下しました。GeForce GTX 16シリーズカードは、RTX 2060と比較して優れたパフォーマンス/価値を提供しますが、これがNVIDIAのRTXラインナップで最も優れた主流オプションであることを考慮して、このグラフでの比較に使用されました。

RTX 2060がすでに1年半以上の使用期間に近づいているので、私たちはここからどこに行くべきかと尋ねる必要があります。グラフを見ると、NVIDIAが前世代の製品と比較してUSD$1あたりのパフォーマンスが低下するたびに、後継世代は常に大きな飛躍を遂げていることがわかります。これは主に、パフォーマンスの向上と価格の低下という2つの大きな要因によるもので、前世代のNVIDIAからのすべての主要なヒットには、USD$349からUSD$399のセグメントに近づくのではなく、USD$249に近いより優れた価値提案を提供するグラフィックスカードになると考えられています。

NVIDIAが第1世代のレイトレーシング対応メインストリームカードで実験を行っていることを考えると、AMDからの競合するレイトレースGPUによる熱が増えるため、次の世代はより良い価値を提供する可能性があります。また、NVIDIAは、最小化されたラスタ化とシェーダーのパフォーマンスを備えた機能としてレイトレーシングをもう一度プッシュするだけでなく、今回はラスタライズされたGPUとレイトレースされたGPUの両方に焦点を当てることを期待しています。NVIDIAが本当にAmpereを目立たせたいのであれば、彼らは私たちすべての消費者のために、コストパフォーマンスの向上は、Pascalに似たパフォーマンスを備えてくれると信じています。