IntelのTiger Lake-U 4コアCPUは2.8 GHzのベースクロックで発見、10nm +はベースクロックの大幅な増加

(Source:wccftech)

Twitterで、Rogameは4つのコアと2.8 GHzのベースクロックを特徴とするIntel Tiger Lake CPUベンチマークを発見しました。ベンチマーク自体に関するほとんどの情報は空白のままです。これには、ほぼすべてのグラフィックスカード情報が含まれていますが、2020年半ばに発売に向けてTiger Lake-U CPUがようやく完成に近づいていることがわかります。

IntelのTiger Lake-U CPUはクアッドコアで2.8 GHzのベースクロックで発見

この新しいベンチマークに表示される情報は、報告されたベースクロック2.8 GHzであり、コア数は合計4であり、同時に合計8つのスレッドのハイパースレッディングを備えています。ベンチマークはTiger Lakeテストプラットフォームで実施され、16 GB SODIMMメモリを搭載していました。

このリークに関する最初の重要な事は、2.8 GHzのベースクロックです。これは、Intelが10 nm Ice Lake-Uおよび14 nm Comet Lake-Uのラインナップで提供したものよりも高速です。Ice Lake-Uプロセッサーで達成された最大クロック速度は2.3 GHzで、しかも、Core i7-1068G7プロセッサーでした。現在、ブーストクロックの件には言及されていませんが、ベースクロックから考慮すると4.0 GHzを超える可能性があります。IntelのTiger Lake-U CPUでこのようなベースクロックを見たのはこれが初めてではありません。Tiger Lake-U Core i7-1185G7プロセッサーのもう1つのリークは、4つのコアと8つのスレッドで3.00 GHzのベースクロックでした。両方のチップのブーストクロックは、ベースクロックと同様に報告され、ブーストクロックがTiger Lake CPUの以前のリビジョンでバグがある可能性があります。

IntelのTiger Lake Mobility CPUについて

Tiger Lake -Uのファミリーは15-28W TDPのCPUで構成され4.50 GHzに近づいてブーストしてはるかに高いクロック速度で4つのコアと8つのスレッドを備えています。これらのCPUはGT2層、Gen 12 Xe GPUも備え、UP3(BGA 1499)パッケージで提供されます。現在のIce Lakeプロセッサーに搭載されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアが搭載されます。新しいコアとともに、前述のキャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、強化されたセキュリティ機能が提供されます。Intelはまた、Tiger LakeチップにXe GPUを搭載し、現在Ice Lakeチップに搭載されているGen 11 GPUの2倍のパフォーマンス向上を実現します。

Xe GPUアーキテクチャを組み合わせることで、10nm +ノードは、Ice Lakeチップに搭載された10nm +アーキテクチャの最初の反復と比較して、高速化したクロックも提供する必要があります。10nm Tiger Lake CPUは、2020年半ばにAMDの7nm Zen 2ベースのRyzen 4000「Renoir」ファミリーの対する製品になります。