Intel第11世代Rocket LakeのCPUサポートがLinuxグラフィックスドライバーに追加され400および500シリーズのチップセットと互換性が明らかに

(Source:wccftech)

IntelのRocket Lake CPUが400および500シリーズのチップセットと互換性があるという新しい情報が、最新のLinuxグラフィックスドライバーパッチ内から明らかになりました。Phoronixは、Gen 12 ‘Xe’プラットフォームを搭載した次期11世代CPUのサポートが最新のLinuxドライバーに追加されたと報告しています。

IntelのRocket Lake CPUは400および500シリーズチップセットと互換性Linuxグラフィックス・ドライバーに追加されたGen 12 Xeグラフィックス・サポートで確認

レポートのソースによると、最初のパッチがLinuxグラフィックスドライバーに追加され、IntelのRocket Lake CPUに搭載されたGen 12 Xeグラフィックスのサポートが追加されています。合計23のパッチが700行を超えるコードを含むi915 Linuxカーネルドライバーに含まれていました。現在のところ、Rocket Lake CPUには、Xeグラフィック用に合計6つの6つのPCI IDが搭載されています。

Rocket Lake CPUとTiger Lake CPUの違いのリストも含まれています。

  • ディスプレイ用の5つのユニバーサルプレーン
  • 3つのディスプレイを同時に駆動するときに使用する3つ目のDPLL
  • さまざまなコードの変更が、主にタイガーレイクの既存のコードパスから再利用

これらのパッチの公開に伴い、Tech LeakerであるKomachi は、パッチに記載されているように Rocket LakeがTGPまたはCMPとペアにできることも明らかにしました。CMPプラットフォームはコメットレイク用で、400シリーズチップセットをベースにしていますが、TGPプラットフォームはTiger Lake用で、500シリーズチップセットをベースにしています。


これは、本質的に可動部分に言及しているが、我々はまた、インテルのRocket Lake-SデスクトップCPUがZ490のマザーボードなどのデスクトッププラットフォーム用に新たに導入された400シリーズと互換性があること。これは、次世代のRocket Lake CPUがZ490ラインナップと互換性があることを明らかにしたギガバイトなどのボードメーカーによってさらに確認されています。

いくつかのZ490マザーボードには、PCIe Gen 4であるRocket Lake-Sプラットフォームのハイライト機能の1つをサポートするハードウェアが装備されています。ハードウェアはZ490マザーボードですでに採用されていますが、ユーザーは、2020年後半にリリースされるRocket Lake-Sとペアリングすることによってのみアクティブ化できます。現在のComet Lake-SデスクトップCPUはPCIe Gen 4サポートを備えていませんが、LGA 1200ソケット専用に設計されており、LGA 1151ソケットより多くのピンにより、より高い電流定格が可能です。

IntelのRocket Lakeプロセッサは14nmプロセスノードで製造されますが、設計の点でSunny CoveとWillow Coveの両方の中で最高と推測される高度な「Cove」アーキテクチャを備えています。Rocket Lake CPUも、Tiger Lake CPUと同じGen 12 Xeグラフィックスを備えていますが、Comet Lake-U / Hのように、Rocket Lake-U / Hシリーズは、それだけでより高速なクロック速度を実現する可能性があります。洗練された非常に成熟した14nmノードが要因です。Tiger Lake自体は10 nmプロセスノードの高度なバージョンを使用しますが、14 nmは長い間市場に出回っており、最大10コア、最大5.30 GHzのクロック速度で、Comet Lake-Sの最新のイテレーションにスピードアップしています。

命名方式に関する限り、それらはまだ混乱していないかのように思えて混乱するかもしれません。Tiger LakeとRocket LakeのCPUはどちらも第11世代CPUと呼ばれることがあります。第10世代CPUとも呼ばれるIce LakeとComet Lakeの場合も同様です。Alder LakeのCPUが発表される頃には、モビリティとデスクトップの両方のパーツで命名方式に一貫性がある可能性がありますが、それらは2021年後半または2022年前半に予定されているものです。

Intel Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6'1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm8/16?TBA400/500-Series?LGA 1200?DDR4?PCIe Gen 4.02020?
Alder Lake10nm?16/32?TBATBALGA 1700?DDR5?PCIe Gen 4.0?2021?
Meteor Lake7nm?TBATBATBATBADDR5?PCIe Gen 4.0?2022?


同様のニュースで、ある種の内部ロードマップもKomachiによって漏らされており、第11世代のTiger LakeとLakefieldの両方のCPUの供給スケジュールが指摘されています。これは必ずしもIntelのロードマップであるとは限りませんが、OEM /サプライヤーと関係があります。Intelは、2020年半ばまでにTiger LakeモビリティCPUの発売をすでに確認しています。