AMD Radeon 5950 XT「ビッグナビ」NVIDIA Killerには80 CUが搭載される?!

(Source:wccftech)

噂の最新情報は次のとおりです。AMDの主力製品である「Big Navi」VGA、RX 5950 XTグラフィックカードには80 CUが搭載されます。これは、NVIDIAキラーとされるGPUであり、AMDをハイエンドグラフィックスのマップに戻す事になりそうです。この投稿は噂であることに留意してください。AMDが64 SP対1 CUの比率を維持し、アーキテクチャがRDNA2に基づいていると考えられる場合、80 CUは5120ストリームプロセッサに変換されます。

RDNA2に基づくAMDの大きなNavi、NVIDIAキラーは80 CUを持ち、1700 MHzで17.5 TFLOPの計算が可能

この噂は、かなり高いものではありますが、気まぐれな情報源であることも証明されています。AMDの新しいNaviファミリーがEEC申請書で話題になっているのを見てきたので、同社が新しいラインナップを立ち上げる準備をしていることは明らかです。そして、残るのは仕様に関する質問だけです。80 CUは非常にもっともらしいものですが、この噂が本物かどうかは現時点では不明です。

カードには40を超えるCUがあるため、問題のアーキテクチャがRDNAであり、ソースによるとこれがRNDA2であることが明らかです。これは、ハードウェアベースのレイトレーシングのネイティブサポートを意味します。AMDはすでにこの原因のサポートを約束しており、次世代のグラフィックスカードでこのポップアップが表示されると思います。この80CUカードはRX 5950、あるいは5800または他のいずれかがEECファイリングに言及したが、これは確かにフラッグシップであることを推測できるものです。80 CUは5120ストリームプロセッサーに変換され(GCNと同じ比率を想定)、AMDがこれらを最低1700 MHzで実行できる場合、驚異的な17.5 TFLOPの電力が得られます。これが7nmであることを考慮すると、AMDは(TBP制約に遭遇しない限り)簡単にヒットできるはずですが、まだ300W程度の非常に高い消費電力です。

これまでにわかっていること:AMD Radeon RX 5950XT Navi GPUファミリーがEECファイリングオンラインで発見され、ベンチマークをリーク

実際、EECファイリングでは、Radeon RX 5950XT(主力製品)、Radeon RX 5950、Radeon RX 5900、およびRadeon RX 5800の 4つの新しいGPUに言及しています。これは、少なくとも3つのシリーズを持つNavi GPUです。これがほぼ2.5年前に私たちに約束されたBig Naviであり、AMDファンに彼らが待ち望んでいたハイエンドカードを提供することは可能です。一方、これは会社が用意した新しいダイであり、これらのグラフィックカードはRX 5800シリーズよりも明らかに強力ですが、それでもBig Naviではない可能性があります。これ以上苦労することなく、AFOX Corporation(AMD Radeonのアドインボードパートナー)が提出したEEC申請のスクリーンショットを次に示します。

グラフィックカードが関係するAMDからの少なくとも4つの確認済みの発売を検討していることを考えると、最近見たOpen VR参入者はこれらの1つである可能性が非常に高いのです。

AMDのCEOであるLisa Su博士は最近、ハイエンドのRadeon RX Navi GPUを約束しました。Lisaはまた、AMDがレイトレーシングをサポートするためにハードウェアレベルの統合を備えた第2世代RNDAアーキテクチャを特徴とする2020ディスクリートGPUラインナップのレイトレーシングに多額の投資を行っていると述べました。第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能は次のとおりです。

  • 最適化された7nm +プロセスノード
  • 愛好家向けのデスクトップグラフィックスカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代Navi GPUよりも電力効率が高い

AMDのGPU側は過去数年にわたってかなり不振であり、CPU側はカムバックの1つの地獄を作りましたが、Radeonは再び輝いています。私が思い出す最後の印象的な打ち上げはハワイでした、そしてRX 5950 XTは物事のGPU側のAMDの競争力も同様に再開できるように見えます。