Intel 2020年 単体グラフィックカード ラウンチへ?!

Intelが2020年に向けて単体グラフィックカードを開発していることは前々から言われていますね。「Arctic Sound」と呼ばれることもあります。今回、ほぼ公式に2020年にIntelが単体グラフィックカードを予定していることが改めて強調されました。同社のグラフィックカードはかつてAMDでRadeon Technology Groupを率いていたRaja Koduri氏が主導となって開発が進められているとみられ、今までのIntel GPUの印象を大きく変えていくであろうと期待されています。