おすすめ製品情報 J G-Tune EM-Z

J、「G-Tune EM-Z 」は、ゲーミングPC購入者に人気CPUの「Core i7-10700K」を搭載しています。CPUの3DMark Time Spy Physics Scoreは「11510」です。 これにレイトレーシングも楽しめる人気の「GeForce RTX 3060 12GB」、3DMark Time Spy Graphics Scoreは「7703」、大半のゲームは十分楽しめるゲーミングPCです。
ここでは、『G-Tune EM-Z』のスペックや価格を確認していきます。

CPU Core i7-10700K

IntelのメインストリームCPUで、第10世代Core シリーズで一番人気の上位に位置する「Core i7-10700K」です。特徴は「8コア / 16スレッド」を備え、クロック周波数は、ベースクロックは3.80GHzで、ブーストクロックは、5.10GHzに達し、TDPは125Wです。5.10GHzでの動作を継続的に行うためには、大きめの水冷ユニットおよび大型空冷FANを搭載されての購入をおすすめします。

ベンチマークスコア 3DMark Time Spy Physics Score

Core i9-12900K 18052
Core i7-12700K 16065
Core i7-12700KF 15899
Ryzen 9 5950X 14042
Core i9-10900K 13973
Core i9-10850K 13579
Ryzen 9 3950X 13451
Ryzen 9 5900X 13405
Core i9-11900K 13330
Core i7-11700K 12890
Core i9-10900F 12647
Core i9-11900 12599
Ryzen Threadripper 3960X 12445
Core i9-10980XE 12326
Ryzen 9 3900XT 12266
Ryzen 9 3900X 12259
Core i9-10900 12199
Core i9-9900KS 11730
Core i7-10700K 11510
Ryzen 7 5800X 11495
Ryzen Threadripper 3970X 11263
Core i9-10900X 11056
Core i9-9900KF 11028
Core i9-9900K 10978
Ryzen Threadripper 3990X 10717
Core i7-10700 10564
Ryzen 7 3800XT 10185
Core i7-11700F 10183
Core i7-10700F 10161
Core i7-11700 10100
Ryzen 7 3800X 9950
Ryzen 7 5700G 9890
Ryzen 7 3700X 9710
Core i5-11400F 8712
Core i5-11400 8689
Ryzen 5 5600X 8199
Core i7-9700K 8092
Core i5-10600K 7822
Core i7-9700F 7360
Core i7-9700 7313
Ryzen 5 5600G 7297
Core i5-10400 7210
Core i5-10400F 7210
Ryzen 5 3600X 7187
Ryzen 5 3600 7007
Core i5-9600K 6013
Ryzen 5 2600 5851
Core i5-9400F 5263
Core i3-10100 5259
Core i5-9400 5165
Ryzen 5 3500X 5080
Ryzen 5 3500 4843
Core i3-9100F 3795
Core i3-9100 3687
Core i7-12700 0
Core i9-12900 0
Core i7-12700F 0
Core i9-12900F 0

メモリ 16GB

本製品の搭載メモリは16GBです。昨今のWindows事情からオフィス環境での標準メモリ搭載必要容量が8GBの時代になっています。
この為ゲームを楽しむのであれば、本製品のメモリ搭載量である16GBで良いと思います。予算に余裕があるのでしたら32GBにしておく事も考えても良いかもしれません。

VGA GeForce RTX 3060 12GB

GeForce RTX 3060は、GeForce RTX 30シリーズのメインストリームを担うミドルレンジ向けモデルです。GeForce RTX 30シリーズは第2世代RTXアーキテクチャ(8nmプロセスとなるAmpere)を採用し、新たにPCI Express Gen4に対応、第1世代RTXアーキテクチャを採用したGeForce RTX 20シリーズと比べてCUDAコア数が倍増し、最大で2倍のリアルタイム レイ トレーシング性能を持つ第2世代RTコア、最大で2倍のディープラーニング性能を持つ第3世代Tensorコアを統合しています。

ベンチマークスコア 3DMark Time Spy Graphics Score

GeForce RTX 3090 24GB 19858
Radeon RX6900XT 16GB 18514
Radeon RX6800XT 16GB 17744
GeForce RTX 3080Ti 12GB 17656
GeForce RTX 3080 10GB 16628
Radeon RX6800 16GB 15059
GeForce RTX 3070 Ti 8GB 14608
GeForce RTX 3070 8GB 13821
Radeon RX6700XT 12GB 11960
GeForce RTX 3060 Ti 8GB 11933
Radeon RX5700XT 8GB 9541
GeForce RTX 2060 SUPER 8GB 8793
Radeon RX5700 8GB 8416
GeForce RTX 3060 12GB 7703
Radeon RX5600XT 6GB 7591
GeForce RTX 2060 6GB 7571
GeForce GTX 1660 Ti 6GB 6370
GeForce GTX 1660 SUPER 6GB 6111
GeForce GTX 1660 6GB 5454
Radeon RX5500XT 4GB 4837
GeForce GTX 1650 SUPER 4GB 4707
Force GTX1650 4GB 3434

SSD 512GB NVMe

本製品には、512GB NVMeが搭載されています。ゲーミングパソコンを購入する方には必須条件になりつつあります。Serial-ATA3接続のSSDの約2倍〜5倍の処理スピードをもっています。また、512GBも容量があるので容量不足に悩まされる事もないと思います。昨今では、ゲーム関連のソフトとデータは、高速SSDにデータ保存し、他のデータをHDDに保存する方法が主流です。

電源 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

電源ユニットはその容量の50%前後の電力供給をしている時に最もパフォーマンスが良くなるように設計されています。電源ユニットの容量を超える消費電力の構成ですとパソコンが不安定になるのはもちろん、容量がぎりぎりであった場合には電力変換効率の悪い高負荷での稼働を続けることにより、電源ユニットを含むパソコン全体の経年劣化が早まる可能性があります。このため、電源容量が構成とマッチしているかどうか? のチェックもゲーミングPC選びでは重要なポイントのひとつです。消費電力は処理内容によって常に変動するため、ズバリの平均消費電力を算出することはできません。ゲーム主体の利用においては最大消費電力の40%〜60%の範囲内にある電源ユニットの選択が"50%前後の安定稼働"の目安になります。また、長期間利用するにあたっては経年劣化も考慮する必要があります。仮に年間10%の経年劣化を考慮した場合に、3年目には70%の出力が最大となります。この時に消費電力のピークが電源の70%に近いものでしたら電源が落ちてしまう事になりかねません。この概念を元に本製品の電源容量が適当か確認します。
最大消費電力の概算算出方法

(CPUのTDP x 1.5) + GPUの最大消費電力 + その他の消費電力 = 最大消費電力

計算式に、搭載されている「Core i7-10700K」のTDPと、「GeForce RTX 3060 12GB」の最大消費電力、その他のパーツなどの電力を計算します。

(125 x 1.5) + 170 + 90 = 約447.5W

最大消費電力は約447.5W。本製品の電源容量は、700W です。最大消費電力と電源容量を比較した割合は約63.9%で、 概念を満たしておりませんがメーカー保証があるのでそのまま購入しても悪くはございません。長期間ゲームを楽しみたい場合には概念を満たしている電源に変更して購入する方が良いでしょう。

※参考になりましたでしょうか。今後もより多くのゲーミングPCを紹介していきます。