2018年 年末おすすめグラフィックカード

グラフィックボードは長く使えるものを選びましょう

ゲーミングPCはPCゲームをプレイするために購入しますね。ということは、PCゲームがヌルヌル動作する必要がありますね。ゲーミングPCには多数のパーツが組み合わさっています。ヌルヌル動作するかしないのかは、グラフィックカードの性能に大きく依存してしまうものなんです。それではどの、グラフィックカードを選べばよいのでしょうか。いつの時代でも10種類程度あるものですから簡単な事ではないと思います。ここでは、2018年の年末におすすめできるグラフィックカードの選び方をご説明させていただきます。

性能不足だけはやめましょう

遊びたいPCゲームに対して、性能が足りないグラフィックカードは当然ながら選んではいけませんね。せっかくゲーミングPCを買ったのに、目的のPCゲームがカクカクでしたら大金払って買ったものの無駄になってしまいます。
基本的な考え方は、「ゲームの推奨グラフィックカードに対してオーバースペックだから高性能グラフィックカードは不要」というくらいがこのくらいのものを選ぶ事が大切になりますね。理由は、オンラインゲームが、少しづつ重くなってくるからなんです。アップデートによって重くなったる事は当然なことなんです。例としましては、PSO2は大規模アップデートです。それまで設定5が最高画質だったのに、その上限を越える設定6が新たに用意されました。最高画質でプレイしようと思ったら、それまで以上のスペックが要求されることになります。ですからオンラインゲームにおすすめのグラフィックカードを確認されたならば、それよりも一段高性能なグラフィックカードを選ぶというのが定番であり、また、長期間快適に遊ぶ為に必要なことなんです。

推奨スペックは画質次第なんです、注意しましょう。

グラフィックカード選びの参考になる情報として、公式サイトが発表しているゲーム推奨スペックがあります。どのグラフィックカードならは、ゲームを遊べるのかが明記されています。グラフィックボード選びに迷う必要がありません。しかしゲーム推奨スペックがどの画質の設定を前提としているのかの確認をする必要があります。これによりどれくらいヌルヌル動作するのかはわからない事になります。最高画質で遊べるのかもしれませんし、標準画質かもしれません。通常ディスプレイのフレームレートが60fpsを前提としているのか、それともゲーミングディスプレイ対応の144fps以上出せることになっているのか不明です。FPSプレイヤーにとってフレームレートは重要ですので、実はあまり参考にならない情報だったりします。

私自身の経験で言えば、推奨スペック通りのグラフィックボードではやや重い感じです。標準画質でフレームレート60fpsが限界というところです。近年のメジャーゲームではこの条件でグラフィクスカードを選んでは後で後悔されると思います。重ねて申しますが、ゲームは年々重くなるものです。1年後には低画質にしないとフレームレート60fpsが出ない可能性があります。ですから推奨スペックを参考にした場合には、1つか2つ高性能なグラフィックボードを選ぶことをおすすめします。例えばGTX1060が推奨されているなら、GTX1070かGTX1080を選ぶイメージです。

最新世代のグラフィックボードを選びましょう。

グラフィックカードには世代があります。NVIDIA GeForceシリーズならGTX700、GTX900、GTX10そして、RTX20シリーズです。新たな世代が発売されると、ゲーミングPCも徐々に最新世代グラフィックボードを搭載したモデルにチェンジされます。

それでも、しばらくは旧世代のグラフィックカードを搭載したモデルも残ります。旧世代のモデルは一見するとお買い得感があります。10万円以下のゲーミングPCも見つけることもできます。だからといって旧世代のグラフィックボードを選ぶのはコスパが悪すぎるんです。グラフィックボードは世代が変わるごとに性能が急上昇します。30〜60%は向上します。それなのに世代交代したゲーミングPCの価格はほとんど変わりません。

ゲーミングPCの価格が5,000円しか違わないのに、性能が1.5倍も違うなんてことが起こるんです。最終的には、どう計算しても新世代を選ぶほうがコスパが良いということになるんです。さらなは、旧世代ですと近い将来、推奨スペック未満になる危険性があります。

長く使えるグラフィックボードを選びましょう。

1年しか使えないゲーミングPCと3年使えるゲーミングPCのどちらを選びたいと思われますでしょうか、大半の方は、長く使える方を選ばれると思います。ゲーミングPCの買い替えサイクルはおおよそ3年といわれていますね。旧世代や低性能なグラフィックボードを選んでしまいますと、1年程度しか満足に使用できない可能性があるのです。

多数の考え方がある中で、例えば、特定のオンラインゲームだけずっとプレイするから、低性能なグラフィックボードでもいいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。このサイトを見つけてここまでお読みになっておられるあなたならは、きっと間違いのないゲーミングPCを選びたいという考えと思います。

また、別の考え方をしますと、少し熱がさめた感のあるお話ですがゲームをしていないときには、マイニングでお小遣いを稼ぐなんて事も考えたりもするでしょう。こういう観点から総合的に考えますと、買いたいときに最高性能のグラフィックカードを搭載している製品を選ぶ事をお勧めします。次に予算ベースでグラフィックカードをランクを下げるという考え方になります。

おすすめするグラフィックカードです。

  • GeForce RTX2080Ti

[visualizer id=”2771″]

ベンチマークテストの結果からわかるように、GeForce RTX2080Tiを選択以外ありません。これまでのグラフィックカードよりも大幅スペックアップしています。また、今後多くのゲームタイトルで対応するレイトレーシング対応という新しいテクノロジーも含まれていますし予算以外に否定される材料がみあたりそうにありませんよね。

[xyz-ihs snippet=”GIGABYTE-NVIDIA-GeForce-RTX-2080Ti”]
[xyz-ihs snippet=”ASUS-TURBO-RTX2080TI-11G”]
[xyz-ihs snippet=”ASUS-DUAL-RTX2080TI-O11G”]

おすすめするゲーミングパソコンです。

一つ目は、サポート、品質、そして、日本一多くゲーミングパソコンを販売し続けているドスパラのGALLERIAです。

この中でも、「GALLERIA ZZ」市場最高と言われているゲーミング向けCPU、Intel Core i9-9900Kを搭載し、現時点でゲーミング最高のグラフィックカード、GeForce RTX2080Tiを搭載しています。さらには、標準で、NVMe高速SSDを500GB搭載しています。本製品でありましたら、FHDや2Kの高フレームレートの液晶とセットしても最高にヌルヌル動作ができるでしょう。

 詳しくはこちら→